zoomの録画 iPhoneでのやり方はどうやるの?
スポンサーリンク

iPhoneを充電しているところ


zoomはオンラインでのミーティングや

オンラインレッスンなどに活用され、

現在においては社会的に非常に

大きな役割を果たしています。



それでは、iPhoneでzoomを録画するには

どのようにしたらよいのでしょうか。



簡単に録画できるとは言っても

慣れていないうちは戸惑うことも

あるかもしれません。



スポンサーリンク

Zoomの録画 iPhoneでのやり方は?

iPhoneの画面



録画にはローカルで端末に保存する

録画方法とクラウドといって

インターネット上に保存する方法があります。



しかし、iPhoneで録画するには

クラウド保存を選択することしかできません。



そのためには有料の会員登録を

しなければならないので、

iPhoneで録画するには

まず有料会員の登録をする必要があります。



さらに、そのZoomの通話の

管理者でない限り、録画するには管理者の

許可が必要なので、その点にも

気を付けておきましょう。



前提条件を確認した上で、iPhoneで

Zoomを録画する方法について述べていきます。



(1)iPhoneからZoomミーティングを開催している間に、[詳細]を押します

(2)[クラウドにレコーディング]を押します

(3)レコーディングが表示されます



録画をやめる場合は

「レコーディング」→「停止」

の順番で押していくだけです。



ログインして「記録」を押すとデータの

一覧が表示されます。



見てみたい録画データの名前を押すと、

録画したものが再生されます。



しかし、無料会員でも非公式では

ありますがiPhoneに無料で

収録することはできます。



(1)通話中にiPhoneでコントロールセンターを開きます

(2)画面録画のマークを長押しして「マイク」をONにします

(3)画面収録の項目が「写真」になっていることを確認して「収録を開始」します

(4)収録を終了する時は再度コントロールセンターを表示して画面録画ボタンをタップします



このようにすれば、有料会員でなくても

一応、非公式ながら録画はできます。



スポンサーリンク

Zoomの録画は相手にわかる?

スマホを操作しているところ



Zoomで録画しているのは相手にも

わかるのかですが、公式の方法で

レコーディングしたならばわかります。



Zoomの標準機能にあるレコーディングを

使った場合、レコーディングと画面に

表示されます。



それにそもそも録画には参加者が

許可を取る必要があります。



相手に知られないように録画するならば、

非公式のiPhoneによる録画機能を

使った方がよいでしょう。



公式の録画方法だと相手に

知られてしまうため何か嫌な感じがする

場合もあるかもしれません。



秘密にしておきたい時もあるかと思います。



そうであるからこそiPhoneに

搭載されている録画機能を使って相手に

知られずに録画するzoom非公式の方法も

存在しているといえます。



ただし、操作に慣れていないととまどうので、

操作方法の確認は事前に済ませておきましょう。



ただ公式の方法による録画が推奨される

ということが大前提になっているので、

非公式の手法はグレーゾーンです。



問題になり得るため、極力しないように

したいものです。



スポンサーリンク

まとめ

ここまで、録画するにはどのようにしたら

よいのか説明してきました。



公式であろうと非公式であろうと、

それほど難しい操作は必要ありません。



zoomが支持されるのには操作方法が

簡単なことであるのが表れています。



非公式の方法による録画は無料会員でも

できますし、許可もいらないし、相手にも

わからないので非常に魅力的に

見えるかもしれません。



しかし、Zoom本来の使い方ではないので、

あまり勧められるものではありませんし、

何らかの形で相手にバレてしまうと

トラブルの原因になる可能性もあります。



やはり公式の録画方法を利用するように

した方が安全なのではないかと思われます。



先にも述べましたように、

できることならばZoomの推奨する録画方法で

iPhoneで録画するのがよいと考えます。



これならば、Zoomの機能ですので、

心配はありません。

スポンサーリンク