おせち料理を作るのはもう古い!?作らないおせちで楽しよう!
スポンサーリンク

おせち料理


12月31日、大晦日。

今年も一年頑張ったなぁ~と

自分や家族を労わる日です。



しかし!中には憂鬱な気分に苛まれている方も

いらっしゃるのではないでしょうか。



ウツウツした気分の原因は、

ズバリ「おせち料理作る?作らない問題」。



おせち料理を作るのって

本当に面倒ですよね。



材料を購入するだけでも

何軒も店を回らなくてはならなかったり、

下味をつけて、焼いて、煮て…をしていたら

1日2日はあっという間に過ぎ去って

しまいます。



まともに1から作ろうと思ったら

お金も時間もかかってしまいますよね。



門出を迎えるためにきちんとした料理を

作った方が良いことは頭ではわかっていても

腰が重くてなかなかやる気が出ない…

あるあるですよね。



今回は



  • おせち料理を作る理由とは?
  • おせち料理は買う時代に変化してる?!


をご紹介いたします。



是非参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク

そもそもおせち料理を作る理由って?

おせち料理



そもそも、 おせち料理を作る理由って

何なんでしょうか?



おせちの起源をたどると、

今から約1,300年前の奈良時代に

まで遡ります。



中国から季節の変わり目という意味の

「節句」という概念が伝来してきた頃

節句の日に神様へのお供えとして

用意されたのがおせち料理だったそうです。



そして平安時代になり、貴族が住む宮中で

元旦や五節句におせち料理が

出されるようになりました。



※五節句…1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日



江戸時代後期になってから

おせち料理が民衆に広まったこともあり

今と同じように正月に出される料理として

広く認知されるようになりました。



先にお伝えしたように、元々おせち料理は

神様へのお供え物でした。



そのため、節句当日にバタバタしないように

大晦日などにあらかじめ作っておいて

節句当日~3日間くらいはお母さんたちを

休ませようという意味も込められています。



ここまで聞くとおせち料理を作る理由が

神様への日頃の感謝を込めて

お供えするものであることが

大前提だと分かります。



さらに、節句当日~3日間は

お母さんたちを休ませようとあります。



「休むための仕込みが重労働なんだよ…」

と言いたくなってしまうのは

私だけでしょうか(笑)



説明を続けましょう。

また、おせち料理一つ一つには

願いが込められています。



例えば、




おせち料理の材料への願い

  • 海老…長寿。長いヒゲ、曲がった腰が長老を思わせるため
  • 黒豆…勤勉。“まめ”に働くように、とゴロあわせ
  • 数の子…子宝に恵まれる。ニシンは卵が多いことから
  • きんとん…豊かな生活が送れる。金団=財宝。金の集まったものという意味から。




などなど。

おせち料理の分だけ

込められている意味が増えます。



新しい年を気持ちよくスタートさせるために

おせち料理に願いを込めながら作るのです。



スポンサーリンク

おせち料理を”作る”時代から”買う”時代へ

おせち料理



おせち料理を作る意味と、

一つ一つに込められた意味は分かったけど、

どうしても作る気が起きない…。



そんなあなたも大丈夫、

安心してください。



おせち料理を“作る”のではなく、

“買う”という選択肢を増やしてみては

いかがでしょうか。



プロが作るおせち料理は

味に間違いがないのはもちろんですし

今までおせち料理作りにかけていた時間を

別のことに使えます。



ここではおせち料理が買えるサイトを

ご紹介いたします。



高島屋

有名デパート高島屋



希望の価格帯や味、レパートリーを

いろいろな企業と比較しながら探せるのが

高島屋オンラインの良いところ。



高島屋限定のおせち料理も

あるみたいなので要チェックです。



DEAN&DELUCA

スイーツやパンのイメージが強い DEAN&DELUCA

なんと、
おせち料理が販売

されているんです。



おせち料理というと日本の物を連想しますが

世界の料理も詰め合わせた和洋折衷な一品に。



とっても面白いので
注文してみるのもいいかも。



Oisix

口コミランキングで堂々の第1位を飾った Oisix



バリエーションが豊富なだけではなく

サービスの質も良いことが特徴。



細かいポイントではありますが、

大事にしたいところですよね。



スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は



  • おせち料理を作る理由とは?
  • おせち料理は買う時代に変化してる?!


をご紹介いたしました。

おせち料理を作るのはもはや慣習なので

改めて作る理由を考えたことがなかった方も

多いのではないでしょうか。



古き良き伝統文化を思い起こす

きっかけになれば著者も嬉しいです。



おせち料理作りのことを考えると

憂鬱になってしまうあなたももう大丈夫。



今年からは、“作る”選択肢に

加えて“買う”選択肢が追加されました。



毎日頑張るあなただから、大晦日くらいは

肩の荷を下ろしてゆっくり過ごしてみては

いかがでしょうか。



今年のおせち料理はプロに任せて、

浮いた時間を家族のために、

自分のために使ってみてください。



あなたの大晦日や元旦が

充実した日になりますように!!



この記事があなたの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク