ココナラなど副業禁止だけど会社にバレる?
スポンサーリンク

パソコンをしている人


今、ココナラは注目されています。



自分の持っているいろいろな特技や知識を

商品化して他の必要としている人に購入

してもらうという形態が手軽であり、

誰でも取り組みやすいからであると

言われています。




自分の得意なことを収入に結び付けられれば、

とても気持ちがよいですし、やりがいも

生まれてきます。



得意なことで収入を得るということは、

それだけで大変魅力のあることである

といえます。



基本的には自分から口外しない限り、

ココナラで副業をしていることが

会社にバレてしまうようなことは

ありません。



確定申告などもありますが、きちんと

手順を間違わず、要点さえおさえておけば、

副業していることすら会社にはわかりません。



スポンサーリンク

ココナラなどの副業は会社にばれない?

パソコンに副業の文字



先ほどからも述べていますように、

副業で確定申告をしなければならない人たちに

とって気がかりになることは会社に

知られてしまうことです。



住民税のシステムとして、会社の給料で

得ている収入以外の住民税にかかった金額が

会社に知らされる仕組みになっています。



しかし、確定申告のやり方によっては

それを避けることも十分可能です。



会社にバレないようにするためには、

会社の給与以外の収入にかかる住民税を

自分で納税するようにすれば良いのです。



住民税を自分で納税すれば、会社の

給料以外の収入に関する住民税は

知らされることがないので、ココナラで

収入をあげていることを隠しておけます。



副業をしているからといって会社に

知らせなければならない義務はないので、

住民税の取り扱いさえ間違わなければ

大丈夫です。



スポンサーリンク

ココナラなどの副業は確定申告しなければならない?

万年筆と副業の英語の文字



ココナラを法人として利用している場合と

個人で利用している場合には課税対象となる

金額において状況が異なってくるので

注意が必要です。



個人として副業で収入をあげている場合、

所得から経費を差し引いた額である収入が

年間38万円以下なのかで確定申告が

必要かどうかは変わってきます。



副業で会社の給料以外の所得を

得ているとしても、形態や収入額によって

確定申告がいるのかどうなのか変化するので、

収入を注意してみておかなければなりません。



確定申告が必要かどうかは個人ではなかなか

判断することが難しいので、専門家に

相談してみる方が確実であるといえます。



自分にとってベストになる方法を

選択するようにしましょう。



スポンサーリンク

まとめ

ここまでココナラの副業について

説明してきました。



根本的には、副業をしていると、誰かに

口外しなければ、会社にココナラで

副業していることが知られてしまうことは

ほとんどの場合ありません。



自分で秘密にしておけば外に漏れることは

ないのです。



一定の収入があれば、副業の収入を

確定申告しなければなりませんが、

住民税のところを自分で納税にすれば、

とりあえずは副業が会社にバレることは

ありません。



住民税を会社が徴収するとしてしまった

場合に過大な住民税が課税されていると、

経理の方でこの過大さに気づかれて

しまいます。



そうすると何か会社以外のことで副業をして

収入を得ているためにこのように住民税が

多くなっているのではと疑われるのです。



副業での収入について、確定申告が

必要なのかについては、人それぞれによって

取り扱いが違ってきますし、申告

しなければならない条件も全く違ってきます。



詳しいことが分からない場合には、税務署や

税理士に相談する方が、的確なアドバイスを

してもらえます。



ココナラにおいても、納税対策の商品が

売り出されています。



そうしたものを利用して会社に副業を

していることをばれるのを防止することも

できるので、良いかもしれません。



いずれにしても、自分の得意なことで

報酬をもらうことは、大変魅力的なこと

ですしそれが実現できるプラットフォームが

備わっているのは素晴らしいことです。

スポンサーリンク