マクドナルドをウーバーイーツで利用できない!どうすればいい?
スポンサーリンク

スマホを握っている人


ウーバーイーツは、マクドナルドの商品を

1個からでも配達してくれる非常に

使い勝手の良いデリバリーサービスです。



しかし、いろいろな事情が重なったりすると、

今まで普通に注文できていたものが

利用できなくなるということもあるようです。



このような場合は、マクドナルドの公式の

マックデリバリーを利用するか、店舗まで

行って購入するかしか選択肢はなくなります。



今回の記事では、ウーバーイーツで

マクドナルドが利用できなくなる原因や

両者のデリバリーの比較をしていきます。



スポンサーリンク

マクドナルドをウーバーイーツで利用したいが出てこない!

悩んでいる女性



マクドナルドをウーバーイーツで利用できない理由は、

以下のものが考えられます。



1つ目は、マクドナルドの方の理由です。



ウーバーイーツの加盟店は注文を

受け付けるための専用端末を持っています。



しかし、デリバリーができなくなっている

ケースでは、その端末をOFFにします。



考えられる事態としては、予想外に店舗に

客が殺到してデリバリーに対応している暇が

ないということや材料が不足している

ということがあります。



2つ目は、ウーバーイーツ側の問題です。



天気が悪い中でも仕事をしてくれる

ウーバーイーツの配達員がいないあるいは

エリア内に極端に数が少ないときにも

利用できなくなります。



ウーバーイーツの配達員は、

アルバイトのように時間で

拘束されていません。



ですので、働いていない人が多い区域では

注文者も店舗もウーバーイーツの

配達サービスを利用することはできません。



対策としては、しばらく時間をおく

ということも考えられます。



天候が回復し、活動中の

ウーバーイーツの配達員の数が増えれば

マクドナルドが表示されることも

考えられます。



スポンサーリンク

マクドナルドとウーバーイーツの配達はどちらがお得?

スマホを操作する女性



マックデリバリーとウーバーイーツについて

比較してみました。



配達エリアの都府県数は

マックデリバリーの方が多いものの、

店舗数を見るとウーバーイーツの方が

多いです。



ウーバーイーツのサービスエリアは、

どんどん拡大しているので、

店舗数の差もかなり大きく

なっているはずです。



こうしたことを考慮すると、

配達可能なエリアはウーバーイーツの方が

広いと思われます。



マックデリバリーは税込1500円以上

(朝マックは1000円以上)の注文が

必要ですが、ウーバーイーツは0円から

注文可能です。



最低注文額については

ウーバーイーツの方に分があると

いってよいでしょう。



マックデリバリーの配送手数料は300円で

固定であるのに対して、ウーバーイーツは

配達先までの距離や混雑状況により

変動します。



ただし、ウーバーイーツは雨天で配達員が

不足すると配送手数料が大きく

上がることがあるので実質的に

利用できないこともあります。



ウーバーイーツはマクドナルドの

配送手数料無料キャンペーンを

頻繁に開催しているので状況に

よりどちらがお得かは変わってきます。



マックデリバリーの配達先に公園などの

公共の場所は指定できないと思われます。



一方で、ウーバーイーツは

サービスエリア内であればどこでも

指定ができます。



ウーバーイーツは混雑状況に

よって配達時間が変動するものの、

全体的にはマックデリバリーよりも早く

配達することができます。



マクドナルドの商品で比較した結果、

マックデリバリーとウーバーイーツの

商品には価格差はなく、どちらも店頭の

価格に比べるとだいたい15%割高でした。



スポンサーリンク

まとめ

ウーバーイーツでマクドナルドが

利用できないのは、マクドナルドの

事情によるものとウーバーイーツの

事情によるものとがあります。



この場合は、できるならば原因を把握して、

店舗に買いに行くなり、マックデリバリーを

利用したりした方がよさそうです。



ウーバーイーツにするかマックデリバリーを

利用するかについても生活スタイルや

注文する時の状況によって変わってきます。



例えば、1人ならばウーバーイーツの方が

よいでしょうし、大人数ならば、その時の

混雑具合により使い分けるということに

なるでしょう。



ウーバーイーツとマックデリバリーの特徴を

理解して、上手に利用していくのが

良いのではないかと思われます。

スポンサーリンク