Tik Tok60秒動画のやり方は?基準や条件も解説!
スポンサーリンク

スマホ


Tik Tokとは、中国のByteDance株式会社に

よりサービスが開始された動画に特化した

SNSアプリです。



10代20代の若者を中心にユーザー数を

驚異的に伸ばしています。



Tik Tokは撮影時間が15秒以内と制限が

あります。




しかし、Tik Tokには60秒の動画を撮る

ことができるのを知っていますか?



突然、『おめでとうございます!』という

通知がティックトックからきます。



60秒動画可能の通知です。

その基準や条件は、明確ではありません。



何らかの条件をクリアしたユーザーのみが、

60秒動画の『おめでとうございます!』

という通知がくるのでしょう。



中国版では、フォロワーが1,000人以上に

なると、60秒動画がゲットできる基準です。



日本でも、フォロワーが1,000人以上が

基準という人もいれば、フォロワー数が

500人以上で条件をクリアしたという人もいます。



いずれにせよ、一定以上のフォロワーや

一定以上のいいねやコメントが基準のようです。



60秒動画の基準は、具体的な数字は明確では

ありませんが、たくさんのいいねや

コメントが必要であると想定されます。



スポンサーリンク

tik tok 60秒動画の基準や条件は?

4つのスマホ



どうして、「60秒動画が可能になった」

という通知が来るのでしょうか。



フォロワー数が1,000人以上必要だという

人がいたり、フォロワー数が500人以上

いないとならないという人がいたり、

基準や条件がまちまちです。



もともと中国では、Tiktokは60秒動画の

撮影ができました。



それが日本版のティックトックでも

可能となりました。



しかし、日本版Tiktokでは60秒動画が

可能になる詳細な条件が記載されていません。



SNSなどでの口コミによると、60秒動画の

『おめでとうございます!』という通知が

きた人は、かなり多いのです。



Tiktokと似ているものとして、動画サイト

YouTubeがありますが、収益化の条件は

チャンネル登録者数1,000人です。



そう考えると、動画の再生回数やいいねや

コメントの数が関わっているのでしょう。



スポンサーリンク

tik tok60秒動画の撮り方は?

スマホをいじっている男性



60秒動画が可能だという通知を受け取ったら、

さっそく試してみましょう。



60秒動画の撮り方はとても簡単です。



まず、画面下部中央にある撮影ボタン

『+』をタップします。



画面右端のアイコンの一番下『…その他』

→画面右上のカメラのイラスト『長さ」』

→「60秒モードに切り替わりました」



これで準備完了です。



すでに15秒での録画に慣れていると、

60秒が長いと思うかもしれません。



ティックトックがヒットしたのは、

短い時間だからこそ、高校生など若い世代に

広がったのでしょう。



動画の制限時間が長くなったことで、

Tiktokがつまらないものになって

しまうのではないかと思う人も

いるのでしょう。



15秒と60秒とを選べるので、そこは

心配ないのではないでしょうか。



YouTubeのように、時間無制限だと

離れていく人がいるかもしれませんが。



スポンサーリンク

まとめ

TikTokにで突然くる『おめでとうございます!』

の通知は基準や条件がなぞなのです。



60秒動画の条件は、フォロワー数1,000人

以上ゲットできるかだと言われています。



しかし、SNS を見ていると、フォロワー数500人で、

「60秒動画を撮影が可能になった」と、

通知が来ているケースも多いのです。



ただ、「あなたはTikTokに貢献しました」

というご褒美なのは確かでしょう。



15秒から60秒になると、つまらなくなり、

みんなが離れていくのでは?という意見も

あります。



筆者はそこは50歩100歩だと思います。

15秒であろうと60秒であろうと、

同じでしょう。



投稿のハードルが低くて、ヒットするとは

思わなかったジャンルがウケるのでしょうね。

スポンサーリンク