大阪万博2025のボランティアで英語を活かしたい!
スポンサーリンク

サポート


盛り上がりを見せている大阪万博2025年

ですが、ボランティアを考えている人も

いるのではないでしょうか。



特に英語力を活かしたいと思っている人は、

いつから募集するのか気になります。



大阪万博2025年のボランティアについては、

まだ何も決まっていません。




では、同じ各国から人が集まる

東京オリンピック2020年では

どうだったのでしょうか?



東京オリンピック2020年のボランティアの

募集は、だいたい2年前から募集していて、

英語を活かしたい人が優先されています。



大阪万博2025年でも、約2年前から

募集するのではないかと言われています。



ここでも、英語を活かしたい人が

優先されるでしょう。



東京オリンピック2020年では、

英語は必須でした。



目安として、英検2級程度のレベルが

求められています。



おそらく大阪万博2025年でも、

東京オリンピック2020年同様に、

英検2級程度のレベルが求められるでしょう。



また、東京オリンピック2020年では、

活動日数が5日以上、1日当たり

5時間程度できる人です。



大阪万博2025年のボランティアは、

東京オリンピック2020年のボランティアを

参考にするとよいでしょう。



スポンサーリンク

大阪万博2025年のボランティアはいつ募集される?

世界各国の国旗



今のところ、ボランティアなど、

そのほかについては決まっていません。



ですので、東京オリンピック2020年を

参考に考えると、2年前になる可能性が

高いです。



具体的に見ていきますと、

東京オリンピック2020年では、

2018年9月から12月にボランティアを

募集しています。



そう考えると、大阪万博2025年は

4月13日から10月13日までなので、

ボランティアの募集は2023年6月から

9月が濃厚でしょう。



ボランティアで英語を活かしたいと

考えている人は、そのあたりの日程を

チェックしておきましょう。



スポンサーリンク

大阪万博2025年のボランティアでの英語のレベルはどのくらい?

ヘルプ



ボランティアでは、どのくらいの英語の

レベルが必要かも、まだ決まっていません。



やはり、東京オリンピック2020年を

参考にしてみましょう。



東京オリンピック2020年では、

「大会ボランティア」と「都市ボランティア」に

分かれています。



大阪万博2025年では、国内外からの

旅行者に対する観光・交通案内だと

思いますので、「都市ボランティア」を

参考にするとよいでしょう。



ボランティアの活動場所は、空港、

主要駅、観光地などです。



英吾のレベルは、何か資格がいるといった

ことはありません。



英語力を判断する基準として、

東京オリンピック2020年で募集された

「東京都観光ボランティア(おもてなし東京)」

の応募条件を見てみましょう。



この応募条件では、「英検2級程度」が

目安とのことなので、観光ガイドなどの

ボランティアをしたい人は英検2級という

レベルが目安となるでしょう。



そこそこ会話ができないとなりません。



スポンサーリンク

まとめ

大阪万博2025年については、まだ何も

決まっていないというのが現状です。



同じ世界各国から人が集まるということでは、

東京オリンピック2020年を参考にすると

よいでしょう。



ただ、大阪万博2025年と

東京オリンピック2020年では、

規模が違うので、人数などは参考に

ならないと思います。



英語を活かしたいと思っている人は、

募集日程や英語のレベルなどは、

東京オリンピック2020年が参考に

なると思います。



英語が話せるほかに、過去のボランティア

経験があるかどうかなども問われますので、

今からでもボランティア経験を積んでおくと

よいですね。



詳細が決まり次第、公式サイトなどで

告知するでしょう。



公式サイトをこまにチェックして、

募集のお知らせを見逃さないように。

スポンサーリンク