お中元のお礼って?電話で会社にお礼をしよう!
スポンサーリンク

お中元


お中元は、日頃お世話になっている人へ

感謝の気持ちを送る日本の風習です。



会社で取引先からのお中元に対し、

お礼をするのように命じられたとき、

どうしたらいいのでしょうか。



お礼は、正式には手紙やはがきによる

お礼状です。



電話はお礼状を出す前に、

お中元が到着しました、という連絡です。



会社に電話でお礼すろときは、

「取り急ぎ届いたことを連絡する」

という内容で、電話した後お礼状を書きましょう。



相手に失礼のないよう上手に伝えたいですね。



まずは、相手の電話番号や社名の読み方を

確認しましょう。



部署や個人名が書いてあれば、

読み間違いをしないよう、よく確認します。



できるだけ早く、その日のうちに会社に

電話をかけるのがベストです。



朝一番やお昼休み、帰社直前の時間は

避け、相手の時間にも気を使いましょう。



そして、あなたが会社の代表としと感謝の

気持ちを伝えましょう。



相手はへりくだって「お口に合うかどうか」

などと返してくることがほとんどですが、

「とんでもございません」と、

切り返ししてください。



会社の電話は、相手とのやり取りです。



相手の話もきちんと聞く余裕も欲しい

ところです。



お中元のお礼状は?ビジネスシーンで使える!封筒や書類の折り方も

お中元のお礼状ははがきで?!郵便局に行けば解決!



スポンサーリンク

お中元を貰ったら電話でお礼!取引先とのやり取り例

メロン



会社にお中元のお礼の電話をすることは、

どういった内容を話せばいいのでしょうか。



まず、こちら側の社名と自分の名前を

名乗りましょう。



そして担当者と代わってもらって再び

名乗ります。



お中元のお礼と、相手先への気遣い、

取り急ぎの連絡であることを伝えます。



気を付けたいのは「すみません」という言葉です。



「すみません。ありがとうございました」

などと言っていませんか?



「すみません」は謝罪の言葉です。



日本人は、なんでも「すみません」

と言ってしまいます。



では「すみません」の代わりの言葉って

なんでしょうか。



それは、「恐れ入ります」です。



「恐れ入ります」を使いこなしましょう。



電話での取引先とのやり取りの文例です。




電話での取引先とのやり取りの文例

いつもお世話になっております。

〇〇株式会社の〇〇と申します。

今、お時間いただいても大丈夫でしょうか。

このたびは結構なお品物をいただきまして、

本当にありがとうございます。

こちらのほうこそ、いつも大変お世話に

なっておりますのに、大変恐縮しております。

社長の○○も、くれぐれもよろしくと

申しております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

まだまだ暑い日が続きますが皆様、

お体ご自愛下さい。

取り急ぎお中元のお礼の電話をいたしました。

今日は、お時間をいただきまして

ありがとうございました。

では、失礼いたします。




スポンサーリンク

お礼だけでなくお中元のお返しもしよう!

巨峰



お中元が届いたら、相手の会社に

お返しよりもお礼状を先に送ります。



お礼状は3日以内に、遅くとも1週間以内に

送ってください。



お礼状とお返しを一緒に送るのは、

お返しをすぐに用意できないと、

お礼状が遅くなってしまうため、

避けたほうがいいですね。



また、お礼状を送ってすぐにお返しを送ると、

相手の会社に気を遣わせてしまったと

思わせてしまう可能性があります。



お礼状から1週間くらい後に、お返しを

送ってください。



1週間おくことで、お中元の時期を過ぎて

しまうことがあります。



その場合はのしに「暑中見舞い」や

「残暑見舞い」と書きます。



お返しでは、いただいたお中元と

同じようなものではなく、全く

違うものを送りましょう。



お返しには、挨拶状を添えます。



お中元のお礼はお礼状で書いているので、

挨拶状では書かなくてもいいです。



時候の挨拶や「ご自愛ください」などの

相手を気遣う言葉を添えた簡素なものに

しましょう。



スポンサーリンク

まとめ

お中元のお礼は、会社に電話をして、

さらにお礼状を書きましょう。



電話は、もらったその日のうちにしましょう。



あなたが会社の代表とてし、お中元のお礼を

するわけですから、心を込めて堂々と

電話しましょう。



お礼状は3日以内に送るようにしてください。



お返しを送る場合は、1週間くらい空けます。



空けることで、時期がお中元としては

遅くなったときは、「暑中見舞い」や

「残暑見舞い」と、のしを書いてください。



落ち着いて、自信を持って会社の代表として

お中元のお礼の電話をしましょう。

スポンサーリンク