野良猫を発見 家で飼えないから保護を依頼をしたい!
スポンサーリンク

猫


よく捨てられているかわいい野良猫がいます。



家で飼いたいけれど、

ペット禁止のマンションやもうすでに、

猫を飼っていたりで家では飼えない。



そうした場合、どうすればいいでしょうか。

そう思うあなたは、とても優しい人なのですね。



その優しい気持ちで、野良猫の保護を

依頼できる人を探しませんか?



野良猫の保護を誰かに依頼するためには、

いくつかの努力が必要です。



まず、その野良猫を捕獲しましょう。



野良猫の捕獲には、捕獲器を使います。



捕獲器は、保護団体や動物病院などで、

無料、または数百円で貸してくれます。



捕獲できたら、動物病院に

自腹で連れて行かなければなりません。



動物病院で、いろいろな処置をします。



そして避妊・去勢手術をしてください。



そうしたら、一旦引き取り写真を撮影します。



見た目のよい写真が撮れたら、

里親を探すボランティア団体に

依頼しましょう。



自分でポスターを作り、

動物病院や猫好きの人が集まる場所に

貼るのもようでしょう。



SNSで野良猫の里親になってくれる人を

探すのもよいでしょう。



あの野良猫は大丈夫?野良猫の寒さ対策とは

野良猫を病院に。初診は無料の病院があるって本当?!

野良猫を飼うことに!どうやったら慣れる?

わかっているけど…野良猫に餌をあげるのをやめたい方必見



スポンサーリンク

野良猫を家では飼えない…保護してくれるところってあるの?

子猫



野良猫が一時的に心休まることろに

という気持ちは分かりますが、

基本的にそういうところはありません。



家で飼えない人のために

猫カフェというところがありますが、

数は多くありません。



猫カフェでは、猫が自由に行き来し、

里親が見つかるまでのびのび暮らしています。



常時職員がおり、野良猫を保護した人は、

安心して引き取ってもらうことができます。



個人のボランティアで、

猫の保護シェルター施設を

開設しているところはありますが、

こちらも数は少ないのが現状です。



そんなボランティア団体には、

寄付金を払って引き取ってもらいます。



また、動物病院によっては、

家で飼えないことを説明し、

少しお金をかければ、

猫を預かってくれるところもあります。



いずれにれよ、お金がかかると

思ってください。



基本的には、あなたが野良猫を

動物病院に連れて行き、

野良猫の里親が見つかるまで、

一時保護しなければなりません。



また自治体によっては、

避妊・去勢手術の費用を

軽減になるようにしてくれる

ところもあります。



あなたが野良猫を家で飼えなかったり、

一時保護にお金をかけることが無理ならば、

最初から手を出さないことです。



スポンサーリンク

最終手段は野良猫保護団体へ

子猫



あなたも猫カフェや猫フィルターを

見つけられなかったとしたら。



あなたの地域のNPO(特定非営利活動法人)や

NGO(非政府組織)を利用しましょう。



よく駅や街中で、募金活動をしているのを

見かけますが、あれのことです。



家で飼えない人のために、

野良猫の里親を探してくれますし、

里親を探すいろいろなイベントもやっています。



しかし、こちらもそれほど数は多くありません。



野良猫のために、NPOやNGO団体や

猫カフェや猫シェルターを探してください。



それでもあなたが責任をもって、

自腹で動物病院に

連れて行かなければなりません。



自治体によっては、

避妊・去勢手術をしてくれます。



しかし、寄付金を支払うことは

避けて通れません。



あたなは、その野良猫に情があるから

なんとかしてあげたいと思うのですよね。



でしたら、手間とお金を惜しまないでください。



よほどのボランティア精神がなければ、

できないことでしょう。



スポンサーリンク

まとめ

野良猫の保護を依頼することは、

簡単なことではありません。



中途半端な気持ちならば、

最初から保護しようと考えずに

無視するしかないでしょう。



野良猫の寿命は約5年と言われています。



飼い猫より、ずっと短いですね。



あなたが何もしなければ、

約5年という生涯を生きることになります。



その5年の間に、あなたが関わることで、

飼い猫として長生きできるかもしれません。



家で飼えない場合、野良猫を捕獲し、

動物病院に連れて行く。



そして里親が見つかるまで、

一時保護する、または、

お金を払って一時保護してもらう。



野良猫の保護を依頼することは

簡単なことではありませんが、

あなたの優しい気持ちで、

不幸な野良猫が減ることを祈っています。

スポンサーリンク