あの野良猫は大丈夫?野良猫の寒さ対策とは
スポンサーリンク

猫


「猫はこたつで丸くなる」という

歌の歌詞がありますが、

猫って寒さに弱いイメージがあります。



冬の寒さの中、

野良猫は大丈夫なのでしょうか。



よく、じっとしている野良猫を

見かけることがあり、

かわいそうになります。



野良猫は、どんな寒さ対策を

しているのでしょうか。



猫は寒さが苦手です。



野良猫は体の機能を使って暖かくしたり、

寒さをしのげる場所を探したりと、

いろいろな工夫をしています。



まずは、体の機能を使う方法を

見ていきましょう。



それは熱が逃げるのを防ぐためのもので、

体を丸める、体をぶるぶると震わせる、

などといったことがあります。



次に寒さをしのげる場所を探すことですが、

猫同士でくっついてお互いの体で温める、

エアコンの室外機や建物のボイラーの

傍にいるなどです。



車のボンネットや

車の下にいることもあります。



とはいえうまく冬の寒さ対策ができずに、

命を落としてしまうケースもあります。



なかには、温かい寝床を用意できないか、

考える人もいるでしょう。



野良猫を病院に。初診は無料の病院があるって本当?!

野良猫を飼うことに!どうやったら慣れる?

わかっているけど…野良猫に餌をあげるのをやめたい方必見



スポンサーリンク

野良猫って寒さに耐えられるの?

猫



野良猫は、栄養状態がよければ

寒さに強いと言われていますが、

子猫や年を老いた猫は、寒さに弱く

体調を崩してしまいます。



ですから、子猫は親猫が食べ物を

探している間、子猫同士でくっついて、

温度を下げないようにしています。



子猫に限らず、野良猫はお互い体を

寄せ合って、寒さ対策をします。



その様子が団子のようなことから、

「猫団子」と呼びます。



また、寒くなると体を丸くする猫を

見たことがないでしょうか。



体を丸くすることには、

大きく2つ意味があります。



一つは、空気に当たる面積を減らして、

寒さ対策をしています。



もう一つは、顔をうずめて、

自分の吐く息で体を温めます。



膨らんだり、毛を逆立てたり、

ぶるぶると震えることでも、

熱を蓄えようとします。



最大の武器は、暖かいところを見つめて

じっとしていることです。



ビルのボイラーや温水ポンプの傍、

暖房器具の前や電気製品の上や

エアコンや給湯器の室外機の傍で、

寒さ対策をしています。



食堂の換気口は、暖かいばかりでなく、

美味しそうな匂いがします。



車のエンジンをかけたときに、

車のボンネットや車の下から、

野良猫が飛び出して驚いた人も

少なくないでしょう。



体力があれば、いろいろな工夫で、

寒さは意外と大丈夫なのです。



スポンサーリンク

野良猫の寒さ対策をしてあげよう!

猫



野良猫を保護することは難しいけれど、

寒さ対策をしてあげたいと思うあなたに、

野良猫のための寝床の作り方をご紹介します。



段ボールは、寒さ対策に路上生活者も

使っているほどの優れものです。



段ボールに、毛布などを入れて

あげれば完璧です。



風が直接当たらない場所に、

置いてあげるといいでしょう。



発泡スチロールの箱も優れものです。



湯たんぽを置くと風に飛ばされなくて、

一石二鳥です。



猫は狭いところが好きなので、

あまり大きいものは適しません。



猫が寝たときに、ぴったりな

大きさになるようにしてください。



木の箱だと、風に飛ばされず

長持ちします。



DIYが得意な人は、犬小屋ならぬ猫小屋を

作ってあげたらどうでしょうか。



やはり、毛布などを入れてください。



雨風をしのぐような場所に

置いてあげるとよいでしょう。



これで、冬の寒さ対策も大丈夫です。



スポンサーリンク

まとめ

野良猫は、基本的に寒さには強くありません。



それでも、いろいろな工夫で

生き抜こうとする姿はたくましいですね。



電気機器や排気口など、

暖かいところを見つけて暮らしています。



また、体を丸めたり、膨らましたり、

毛を逆立てたり、震えたりして

寒さ対策をしています。



猫団子は見たことがないのですが、

見ることができたら、かわいらしいと

思うことでしょう。



それでも、体力のない野良猫は

越冬できすに死んでいきます。



一番よいのは保護することですが、

それが難しい場合は寝床を作って、

野良猫が暖かく越冬できるといいですね。



寝床を作る材を探しに行きましょう。

スポンサーリンク