隣人がうるさい!戸建てに住んでいても騒音被害あり
スポンサーリンク

家からの騒音


隣に住む人や下の階に住む人から

うるさいと言われるのが嫌で、

戸建てに住んでいる人が多いでしょう。



では、戸建てだと騒音被害は

ないのでしょうか。



確率から言うと、マンションや

アパートに住んでいる人よりは、

騒音被害は少ないでしょう。



ただ、戸建てだからといって、

必ずしも隣人からの騒音被害が

ないとは言えません。



例えば、夜に友だちなどが集まって騒いだり、

改造車のエンジン音、大音量の音楽など、

戸建てでも騒音被害はあります。



そのような人は、話して分かることは、

まずないでしょう。常識のある人ならば、

そんなことはしません。



そういう場合は警察に相談しましょう。



緊急性は低いので110番ではなく、

9110番という相談を受け付ける番号が

ありますので、そちらを利用してください。



何時頃、どういう状況なのか

警察に説明してください。



警察は悪質と判断すると

来て指導してくれます。



隣人がうるさいから眠れない!手紙で一発解決?!



スポンサーリンク

うるさい隣人に直接苦情を言うのはNG?適切な対処法とは?

車2台



外でうるさくしたり、大音量の音楽を流す人は

まともな人ではありません。



または若い人で、親でも手に負えなく

困っているケースもあるかもしれません。



そういう人になにか言ったところで、

逆に怖い目に遭ってしまうことが多いのです。



逆恨みして、何をしてくるか分かりませんし、

事件に巻き込まれたりするかもしれません。



絶対に直接関わってはいけません。

警察に相談しましょう。

派出所でもいいです。



派出所のほうが、親身になって考えてくれて、

それなりの対応をしてくれるという

情報があります。



警察が来て、素直に言うことを

聞いてくれたらよいのですが、

場合によっては警察が来ても

何とも思わない輩もいます。



そうなると、手の打ちようがありません。



もちろん、あなただけが

迷惑だと思っているわけではなく、

近所に住んでいる人全員が

同じことを思っているに違いありません。



しかし、それは多分、

半ぐれやヤクザのような人物の可能性もあるので、

大勢いでかかっていっても無駄でしょう。



逆に、騒音が余計にひどくなって

しまうことだってあるんです。



そういう人は相手に

しないことが一番よいのです。



スポンサーリンク

どうしても隣人がうるさいときは引っ越しをするのも手

騒音で耳をふさいでいる女性



うるさい隣人はまともな人ではありません。



警察が来ても、のれんに腕押し。



そうなるとどうしようもありません。



どうしても我慢できないといったとき、

引っ越しを考えなければなりません。



借家ならば、割り切って

引っ越ししたほうがいいかもしれません。



きっと、もっと住みやすい環境があります。



持ち家の人は、簡単に引っ越し

というわけにはいきません。



苦労して手に入れた家です。

手放すことには、たいへん悩みます。



辛くても我慢してしまう、

という選択をすることはよく分かります。



ストレスを抱えたまま住み続けることは、

長続きしません。思い切って売却して、

引っ越ししたほうがいいかもしれません。



まずは、自分の家がいくらで売れるのか調べ、

判断するといいでしょう。



住み続けて後悔するよりも、

思い切って住み替えることで、

ストレスレスな暮らしを手に入れましょう。



スポンサーリンク

まとめ

戸建てたと、マンションやアパートよりは

生活音などは気にならないでしょう。



しかし、もっと厄介な敵が現れることがあります。



大人数で外で騒いだり、大音量の音楽、

改造車などででうるさくする隣人です。



こういった場合、たいていまともな人ではありません。

危険人物と思っていたほうが間違いありません。



直接うるさいことを伝えては、

事件に巻き込まれる可能性があるので、

止めておきましょう。



まずは、警察に来てもらいましょう。



警察に言っても効果がない場合もあります。



それに、警察は実際に事件が起きないと、

警告以上に手を出すことはできません。



そうしたら、引っ越ししか手段はありません。

「簡単に言わないで!」って思うでしょう。



しかし、あなたが幸せに暮らすために

引っ越すという選択肢も

心にとめておいてください。