隣人がうるさいから眠れない!手紙で一発解決?!
スポンサーリンク

隣人の騒音にうるさがっている男性


毎日ぐっすり眠ることは、

健康にとって大切なことです。



ところが、うるさい隣人がいて、

安眠を妨害されているとしたら、

なんと不幸なことでしょう。



眠れなくて体調を壊して

しまうかもしれません。



うるさい隣人のせいで眠れないのなら、

なんとかしなければなりません。



直接伝えて分かってくれる

相手ならいいのですが、

そうではない場合が多いですね。



手紙を書いて、眠れないことを

伝えるという方法あります。



ただ、手紙で解決できればよいのですが、

分かってくれるでしょうか。



手紙を書いても、無視される場合が

多いでしょう。



隣人がうるさくて眠れないことを、

管理会社や大家さんに相談して

解決することをおすすめします。



管理会社や大家さんは、迷惑をかける人を

退去させることができます。



管理会社や大家さんに

静かにするよう言われたら、

従わざるを得ないのです。



隣人がうるさい!戸建てに住んでいても騒音被害あり



スポンサーリンク

うるさい隣人にイライラ。みんなの隣人エピソードとは

ベッドで遊んでいる子供二人



筆者は若いころアパートに

住んでいましたが、隣人のおかげで

早く家を建てる決断をしました。



それは、下の階の人が

天井をドンドンと叩くのです。



うるさい!というメッセージでした。



原因は、赤ちゃんの音が

うるさいというものでした。



そんなことをされても、

赤ちゃんの鳴らす音を

どうにかできることはできません。



「生きるな」と言われているようでした。



「異常だな」と思いました。



毎日、ドンドンとやられるのです。

そんな辛い思いをずっとするのは嫌だと思い、

戸建ての家を建てました。



赤ちゃんの音を気にすることが

なくなった生活は、とても快適でした。

筆者の友人も同じような思いをしています。



その人は、隣の人が壁を叩いてくると

言いました。



やはり、そのお宅の奥さんが、

赤ちゃんの音がうるさいとのことでした。



菓子折りを持っていき、

なんとか理解してもらえるよう伝えました。



幸いなことに、ご主人が理解ある人で、

仕方のないことなんだと

奥さんに言ったそうです。



筆者の子どももマンションに住んでいますが、

泊まりに行くと、

「下の人に言われるから音に気を付けて」

と言われます。



お風呂のお湯を捨てるのは朝にしていました。

特にアパートやマンションに住んでいる人は

神経質になりますね。



スポンサーリンク

我慢できない!うるさい隣人に送る手紙の例文

手紙とペン



隣人がうるさい場合

直接伝えるのではなく、

管理会社や大家さんに間に

入ってもらうことをおすすめします。



どうしても、自分で伝えないと気が済まない!

という場合、手紙をポストに入れておきましょう。



ただ、改善してくれるかどうか分かりません。



手紙は、自分が何者なのか

明かしてはいけません。



名前は書かないのです。



逆ギレされることを避けるためです。



「〇時ころ、〇〇の音が

 うるさくて眠れないので静かにしてください」



それだけを書いて、

ポストに入れておきましょう。



そのくらいしか、手紙で伝えることは

できないと思います。



名前を書いて、書いたのは自分だと

挑発するのは止めましょう。



事件に発展することだってあるのです。



手紙を書くより、撤去させるという強制力を

持っている管理会社や大家さんに

お話しするほうがいいでしょう。



管理会社や大家さんがいない

戸建ての人は、警察に相談しましょう。



スポンサーリンク

まとめ

特に、マンションやアパートに

住んでいる人は避けて通れない

騒音問題です。



ただ、ちょっとした生活音は、

仕方がないと割り切らなければ

ならないでしょう。



眠れないほどの騒音は、改善して

もらわなければなりません。



直接伝えるのはおすすめできません。



直接できることとすれば、

名前を明かさない手紙くらいです。



しかし、改善してくれるかどうかは、

分かりません。



もっと強い権利のある

管理会社や大家さんに

話すほうがよいでしょう。



あなたが安眠できるように

なるといいですね。

スポンサーリンク