夫婦喧嘩で妻と気まずい。無言状態から抜け出す方法
スポンサーリンク

夫婦喧嘩


あなたは夫婦喧嘩をしたことがありますか? 

という問いに、ほとんどの夫婦が

したことがあると答えるでしょう。



些細なことではないでしょうか。



または、育った環境の違いから

夫婦喧嘩になってしまいますよね。



夫婦喧嘩は、やりたいくらい

やればいいんです。無言状態も、

何かのきっかけで自然消滅します。



でも、妻と気まずい状態が

続くのは耐えられない人は、

あなたが折れるしかないでしょうね。



気まずい無言状態から抜け出すには、

自然消滅を待つか、どちらかが

折れるかしかないのです。



折れるのが嫌ならば、

気が済むまでやればいいと思います。



でも「負けるが勝ち」ってことも

あるのではないでしょうか。



その場合、「俺のほうが大人だな」とか

上から目線でいれば、

少しは気が晴れるかもしれません。



あなたの顔も見たくない!夫婦喧嘩で家出した後どうする?

離婚しよう…大好きな夫に離婚を切り出されたら

夫婦喧嘩のその後…無視するようになった相手への対処法



スポンサーリンク

「俺は悪くない!」夫婦喧嘩で謝りたくないと思ったエピソード

夫婦喧嘩



筆者の父親は、夫婦喧嘩でどんなに

自分が悪くても謝ったことがありません。



これは、父親の性格だから仕方がありません。



それが通用していたのですね。

夫婦とは、なぜか上手くできているものです。



いつも母親が我慢していました。



ですが、ほかにこれといって

欠点がなかったものですから

許されたのだと思います。



ひたすら父親の機嫌がよくなるのを

待つだけでした。



ただ、筆者は子どもながらに

「そういうところガキだよな」と思い、

謝らない父親の株が下がっていました。



また、筆者の夫は何かと手伝いたがる性格で、

家事に手を出してきます。



ほかの人から見れば、

贅沢な悩みだと思うでしょうが、

「今やろうとしてたのに!」と

喧嘩になってしまいます。



夫婦喧嘩の6割がそれです。



なぜ怒られるか分からない夫が

謝るわけがありません。



筆者は、こんなことで喧嘩するのは、

馬鹿馬鹿しくなり、もういっそのこと

全部やってもらうことにしました。



これだけは手を出さないで!という

約束を決めることで決着しました。



いずれにせよ、どちらかが妥協するしか

ないのですね。



スポンサーリンク

もうそろそろ仲直りしたい…。夫婦喧嘩後の仲直りのタイミングとは

夫婦喧嘩



長引いてしまった夫婦喧嘩ですが、

仲直りしたいときは、どうするか?



先ほども言いましたが、

どちらかが折れるしかない場合が多いです。



でも謝りたくないあなたへ、

次のことを試してみてください。

朝、「おはよう」と軽く声をかけるだけです。



朝は、一番頭の中が冷静になっていますから、

「おはよう」の一言で解決します。



些細なことなら、それで十分です。



または、他愛のない言葉から仲直りできます。



「これ、美味しいね」とか、

「ごみ出しておいたよ」とかです。



料理をしたり、掃機をしたりして

機嫌を直してもらうことも、有効です。



価値観の違いが引きずるなら、

一度きちんと話し合いましょう。



「仲直りしたいとから話し合おう」



と伝えればいいのです。



お互い、どこまでだったら妥協できるか

冷静になってから話し合いましょう。



それも無理なら、思う存分やればいいと思います。

きっと、どちらかが馬鹿馬鹿しくなってきます。



スポンサーリンク

まとめ

夫婦喧嘩は、相手もどうしていいか

分からなくなっていることが多いのです。



でも、謝るのは癪に障る!

それなら些細な言葉から、

仲直りするきっかけを作りましょう。



「おはよう」の一言で解決してしまいます。



そのほか、何気ない一言や

何気ない行動で仲直りできます。



いずれにせよ、どちらかが、

折れなければならないですよね。



折れたほうは「自分のほうが大人だよな」と

自分を褒めてあけましょう。



癪に障るかもしれませんが、

負けるが勝ち!です。



それも嫌だ!という人は、

馬鹿馬鹿しくなるまで、

やればいいと思います。



きっと、その状態に疲れてきて

「もういいや」ってなりますよ。

スポンサーリンク