パワハラで退職は正義?!即日退職の仕方とは?
スポンサーリンク

パワハラ


パワハラとは「パワーハラスメント」の略であり、

職場で優位な立場にある人が、

劣位の立場の人に対して精神的や身体的苦痛を

与えることです。



職場で上司にパワハラを受けることがあります。

酷い場合は、精神病になったり、

最悪自殺するといった事例もあります。



病気になったり、命を経ってしまうほど

悩む必要はありません。退職を考えましょう。



「すぐに退職したい!」そう思っているあなたは、

即日退職することができるのでしょうか?



民法第627条によれば、即日退職はできます。



民法第627条では、雇用は、解約の申入れの日から

二週間を経過することによって終了する、

となっています。



つまり、「2週間」で退職できるということです。



即日退職する場合、有給休暇が2週間以上

残っているかどうかで、給料の有無が

決まります。



有給休暇が2週間以上ある人は、

会社に退職することを伝えて、

そのまま2週間有給休暇を

もらえばいいのです。



有給休暇が2週間以上ない人は、

民法で「退職は2週間後」と決まっているので

有給休暇は使えません。



欠勤となってその給料が出ません。



スポンサーリンク

上司からのパワハラが辛い。退職する方法は?

悩む会社員



パワハラで心が病んでしまうくらいなら、

すぐに退職を考えていいのです。



できれば損しないで退職できたらいいですね。



そのために、パワハラが原因の

会社都合退職であることを

証明しなければなりません。



そうしないと、退職後に受け取れる失業保険に

差が出てしまうからです。



では、パワハラを会社に認めされるためには

どうすべきか。



まずは、パワハラの証拠を集めることです。



パワハラがあったという証拠を提出するためです。



方法としては、スマホやICレコーダーで

録音しておいたり、パワハラを

記録した日記をつけます。



記録は「何年何月何日」「誰に」「どこで」

「どんなことを言われたか」「何をされたのか」

など具体的に書きます。



医師に、パワハラが原因で

病気を発症したということを

診断書に書いてもらうことも有効です。



次にパワハラ相談窓口に相談します。

第三者に、解決をするための

努力をしたことを示すためです。



そして、「パワハラが原因の会社都合退職」

にして退職を申し出てください。



「一身上の都合による自己都合退職」

には決してしないでください。



スポンサーリンク

パワハラで退職後の再就職はどうする?

JOBという文字



パワハラで退職した場合、

再就職の活動の面接で、

前の会社はパワハラを受けて辞めたと

話すべきでしょうか。



パワハラを退職理由として話すと、

面接官から「うちもすぐに辞めるのでは?」

「責任を他者に押し付けるタイプでは?」

と思われる可能性があります。



退職理由は前向きな内容に変換しましょう。



「コミュニケーションをもっと活発に行いたい」

「チームワークを大切にして成果を上げたい」など、

前向きな内容の志望動機を伝えましょう。



言い換えるのが難しい場合は、

「このような職場で働きたい」

という内容を伝えて、不満が

あった点に触れないことです。



面接官は必ず退職理由を聞きます。



たとえ事実でも、前の会社を悪く

言うことは避けましょう。



不満があって退職したとしても、

「希望」や「意欲」につながるような

いい方に変換して、前向きな転職であることを

印象づけましょう。



スポンサーリンク

まとめ

パワハラを我慢して

病気になったり自殺するくらいなら

思い切って退職しましょう。



職場って、「酷いところだよな!」

「もう働きたくない!」 とは

思わないでください。



今よりいい、あなたに合った職場は

きっとあります。



民法上、すぐに退職しても問題ありません。



円満退職したいところですが、

パワハラでは仕方ありません。



そして必ず「パワハラが原因の会社都合退職」にして、

しっかり失業手当をもらいましょう。



証拠集めなど、手間はかかりますが、

あなたの次の未来が明るいものになるためにも、

戦いましょう。

スポンサーリンク