お手玉をお家で手作り!中身は木の実でも大丈夫?
スポンサーリンク

木の実


お手玉は、おばあちゃんから孫へと

受け継がれてきた遊びです。



遊びを通して人のぬくもりを

感じることができます。



そんなお手玉を、子どもと一緒に拾った木の実で

お家で作れたら楽しいです。



では、どんな木の実が

お手玉の中身に適しているのでしょうか?



それは、エゴノキの実です。



エゴノキの実は、コーヒー豆くらいの

大きさで、お手玉の中身の根強い人気の

小豆にとてもよく似ています。



食べるとエグい味がすることから、

エゴノキという名前がついたとか。



味がまずいため、小豆より虫がつきにくく、

昔からお手玉の中身に使われてました。



エゴノキの実を使って、

お手玉をお家で手作りする場合、

よく高熱殺菌してください。



熱湯をしっかりかけ、

太陽のもとに一日広げて干してください。



お手玉を作った後も、

ときどき天日干ししましょう。



子どもと拾った木の実で

お家で作った思い出のお手玉を

作りましょう。



スポンサーリンク

初めてでも大丈夫!簡単お手玉の作り方!おすすめ中身も

お手玉



お手玉は売っていますが、自分だけの

お手玉を手作りしましょう。



自分で拾った木の実だったら格別です。



お手玉は大きく分けて4種類あります。

俵型・座布団型・枕型・かます型がありますが、

一番簡単な俵型をお紹介します。



まず、木の実に熱湯をしっかりかけ、

よく天日干しします。



布を縦10cm×横16cmに切ります。



裏が表にくるように、

縫い代1cmくらいで端を縫い合わせます。



筒ができました。



同じように、筒の上側を縫い代1cmほど縫い、

縫い終わったら、糸を引っ張ります。



縫った場所をぐるぐると3周巻いて、

玉留めでします。



表に返して木の実を入れます。



上から1,5㎝のところをくるっと縫います。

糸をつけたまま縫い代を中に折り込みます。

糸を引っ張り布を絞ります。

玉留めをして、糸を切って完成です。



お手の玉中身は、天然素材もいいのですが、

今は樹脂ペレットが流行っています。



樹脂ペレットとは手芸用のペレットで、

よくぬいぐるみなどに入っていますね。



天日干しが必要ないし、

汚れても洗うことができます。



スポンサーリンク

そのお手玉の中身は大丈夫?虫対策をしよう!

木の実



自分で拾った木の実を

お手玉の中身にするのは楽しいですね。



ただ、天然素材のお手玉は、

どうしても虫がわいたり、

カビたりします。



定番の小豆も、同じく虫がわいたり、

カビたりします。



では、どうしたらいいのでしょうか?



まず、作る前に熱湯殺菌して、

よく天日干しをしてください。



その後も定期的に天日干しします。



冷凍するのもよいでしょう。



定期的に冷凍と天日干しを繰り返せば、

バッチリです。



木の実にしろ、小豆にしろ、

天然素材はよく管理して虫がわいたり、

カビたりしないように気を付けましょう。



結構手間がかかりますね。



処理や管理が面倒ならば、

樹脂ペレットがおすすめです。



天日干しなどは必要なく、洗えるので、

子どもが舐めてしまったり、

よだれを垂らしたりしても大丈夫です。



今は、お手玉の中身は

樹脂ペレットが主流となっています。



スポンサーリンク

まとめ

お家で拾った木の実でお手玉を作りたいとき、

エゴノキの実はが最適です。



昔は小豆が高価で、エゴノキの実を使って

お手玉を作っるのが一般的だったとか。



公園にお子さんと拾いに行きましょう。



始めてお手玉を手作りする場合は、

簡単な俵型から挑戦して、だんだんと難しい

座布団型や枕型、かます型へ

スキルを上げていくといいですね。



拾ったエゴノキの実はしっかりと熱湯殺菌し、

天日干しをしてください。



定期的に天日干しすれば、

虫がわいたり、カビたりしません。



面倒な人は樹脂ペレットを使って

手作りしてください。



樹脂ペレットのお手玉は、

洗うことができます。



お母さんの手作りお手玉は

最高のおもちゃです。



お手玉を楽しく手作りして、

楽しく遊びましょう。

スポンサーリンク