お手玉の中身もピンキリ!安いところで材料をそろえよう!
スポンサーリンク

お手玉


お手玉は結構難しいですよね。



まずは2つで投げますが、

上手な人は3つ使いますし、

片手で出来る人もいます。



そんなお手玉を作りたいとき、

中身は小豆が一般的ですが、

今は樹脂ペレットが主流なんです。



樹脂ペレットもピンキリで、

安いものだと、500g500円以内で

買えます。



では、もっと安い材料で作れないだろうか?

お手玉の中身は、いろいろな材料で

作ることができます。



まずは、とても身近なお米です。



小豆より軽いけれど、

小豆より飛ばし安いという人もいます。



粒が小さく飛び散り安いので、

お茶パックに入れてから縫うと

飛び散り防止になります。



お米は虫がわきやすいですから、

熱湯消毒して天日干ししながら

使いましょう。



しじみの殻は、廃棄物なので、

タダです。



ただし、しじみの貝柱を取ってよくに洗い、

乾燥させてから使用しないと

腐敗やカビなどの原因になります。



ちょっと面倒ですが、

安いといったらコレです。



ボタンもおすすめです。



ご主人の使わなくなった

ワイシャツのボタンは、

お手玉の中身にちょうどいいのです。



こちらも廃棄物で、タダです。



そのほか、安く済む材料が

たくさんあります。



スポンサーリンク

通販でも買える!安いお手玉の中身とは

お手玉



通販では、竹小豆が安く手に入ります。



500g300円以内で購入することができます。



こちらは天然素材なので、

虫がわいたりカビたりしますので、

天日干しを忘れずに。



でも通販で買うなら、やっぱりペレットです。

種類が様々あります。



重さも、お手玉に適したものが

販売されています。



粒は、丸いものと少し角ばった

タイプがあります。



手芸用のペレットは、

素材が樹脂のものがほとんどですが、

ガラス素材のものもあります。



価格もピンキリです。



お好みに合わせて購入するといいでしょう。



あなたのお好みはどれでしょうか?



スポンサーリンク

困ったら百均へ!お手玉の中身を買いに行こう!

お手玉



100円ショップは、

いろいろなものか安くて

楽しいですね。



そんな100円ショップでも、

お手玉の中身を購入することが

できます。



小さい貝殻や巻貝も、

お手玉の中身にちょうどよく、

100円で売っています。



ほかに、100円ショップで購入できる

おすすめのお手玉の中身を

2つご紹介します。



とうもろこし

このとうもろこしは、ポップコーンの材料です。



とうもろこしを乾燥させたもので、

食品コーナーで販売されています。



触感も重さも小豆とよく似ていて、

いい感じです。



バターや塩が混ぜてあるものもありますが、

そのようなものは、お手玉の中身には

使用できません。



味の付いていないポップコーンを

お求めください。



こちらもたまに天日干しをしましょう。



アイロンビーズ

アイロンビーズはカラフルなので、

透け感のある生地や、ネット素材に

生地を使うと違った魅力のお手玉を

作ることができます。



洗えますので、繰り返し使っても

清潔に保つことができます。



手触りも気持ちがいいのですが、

中が空洞なので、一杯に詰めても

重さが出しにくいです。



丸い小石を少し混ぜると

ちょうどいい重さになります。



その場合、真っ白な石がよいでしょう。

カラフルなアイロンビーズと合います。



スポンサーリンク

まとめ

昔ながらの小豆は根強い人気です。



安価で手に入れたいなら、

お米や竹小豆、とうもろこしなども

お手玉の中身に適しています。



お手玉の中身をできるだけ安いものに

したい場合は、通販や100円ショップを

利用しましょう。



筆者のおすすめは、洗えるものです



繰り返し使っていると汚れます。



だからといって、お気に入りの

お手玉は長く使いたい。



重みもちょうどいい樹脂ペレットが

おすすめです。



もはやお手玉の中身といったら、

樹脂ペレットというくらい

メジャーになっています。



お気に入りのお手玉を安く作って、

長く使いたいものです。

スポンサーリンク