お手玉なのに中身がストロー?!お家にあるもので作るお手玉!
スポンサーリンク

お手玉


懐かしい遊びのお手玉。

日本では歴史あるおもちゃの一つです。



お手玉遊びは脳の活性化に繋がり、

お手玉遊びをする人が増えています。




お手玉の中身は小豆が一般的ですが、

最近では、洗える素材の

お手玉の中身が流行っています。



とくに樹脂ペレットは、

今や主流といっても過言では

ありません。



家にあるものでも、

お手玉を作ることができます。



そのお手玉の中身として、

ストローがあります。



ストローは短く切ると、

樹脂ペレットっぽくなりますね。



ストローは素材がプラスチックなので、

軽めのお手玉になります。



あまり軽いのが苦手という人は、

小石を数個入れると

ちょうどいい重さになります。



ストローは、なるべく細いものがよいです。



ジュースや牛乳などの

紙パックに付いてくるような、

細めのストローです。



それを5㎜くらいに切って

お手玉の中身にするのです。



スポンサーリンク

ハンドメイドお手玉!中身はアレで代用しよう!

お手玉



お手玉の中身は、様々なものが

使われます。



先ほどご紹介した、

樹脂ペレットはもちろん、



アイロンビーズはカラフルで、

透けた素材やネット素材の生地で作ると

とてもきれいです。



100円ショップでも売っていて、

安価で手に入ることもうれしいです。



また、BB弾の玉もお手玉の中身に

ちょうど良いです。



手触りも、小豆に似てますね。



使わなくなったボタンも

お手玉の中身に使ってみてください。



旦那さんが背広を着る職業だと、

古いワイシャツが大量にありますね。



そのボタンをお手玉の中身にするとよいのです。

旦那さんがワイシャツを着なくても

結構いらなくなった服に

付いているボタンはたくさんあります。



ただ捨てるのはもったいないですね。



しじみの殻もいいですね。



独特の感触があります。



捨てるものを再利用できるのも

うれしいです。



ただし、しじみの貝柱を取ってよくに洗い、

乾燥させてから使用しないと、

腐敗やカビなどの原因になりますので、

ご注意ください。



しじみの殻とはちょっと違うのですが、

100円ショップで売っている小さな貝殻も、

お手玉の中身に適しています。



こちらは、しじみの殻みたいに

処理に苦労することはありません。



ご紹介したものは、どれも洗えます。



複数の人数で使ったり、

何回も使ったりすると汚れますね。



また、小さい子どもに使わせる場合は

舐めてしまったり、よだれを垂らしますので、

洗える素材は清潔に使えます。



スポンサーリンク

お手玉の中身はカビない素材を使おう!

お手玉

お手玉の中身は、やっぱり小豆がいい!

という人は多いです。



あのジャリジャリとした触感が

好きだといいます。



しかし、どうしても虫がわいたり、

カビたりしますし、それを防ぐための

努力は大変です。



虫がわいたり、カビない素材を

使えば安心です。



そんな素材は、意外と身近なところに

ありますし、安価で手に入るものも

多くあります。



今、主流なのは樹脂ペレットです。

つまり手芸用のペレットです。



ぬいぐるみなどによく入っていますね。



最近ではお手玉の用の

重みのあるのペレットもあります。



小豆に似た重さとジャリジャリした

感触があります。



学校で使われるお手玉は、

今やほとんどがこのペレットで、

小豆はあまり使われなくなりました。



スポンサーリンク

まとめ

洗える素材のお手玉の中身は

カビる心配も、虫がわく心配もありません。



ストローやボタンなど、

身近なもので代用できるのです。



筆者おすすめは、100円ショップで

手に入るアイロンビーズと

お手玉用の樹脂ペレットです。



重みのある樹脂ペレットは、

小豆に近い感触があります。



最もお手玉に適しているといえます。



また、アイロンビーズは

ネット素材の生地で作ると

とてもきれいですよ。



アイロンビーズとネット素材の生地が

マッチした手触りもいいです。



洗って清潔なお手玉を作り、

難しいお手玉の技などにも

挑戦してみましょう。

スポンサーリンク