子どもの才能は環境が決める?音で聞く英語学習とは?
スポンサーリンク

子供の顔


近年、英語の話せる人が

身近にいるようになりました。



政治家も、当たり前に英語が話せます。



英語の話せない人が、「宇宙人?」と

言われる時代が来るでしょう。



子どもには、英語の才能を!と

考えているお母さんが多くなっています。



英語の才能は学習方法が大きく左右します。



中学、高校と6年間も英語を勉強してきたのに、

30代から60代のなんと英語の苦手な人が多いこと。



筆者も英語は大の苦手です。

それはなぜか?

英語が苦手な人の多くは、

「読み書き」から学習に入っているからです。



言葉の学習とは、「聞く」から

入らなければならないのです。



「聞く→話す→読む→書く」の順番で

なければなりません。



つまり音で聞く環境が大切なのです。



英語は環境さえあえば、

誰でも話せるようになります。



未来ある子どもには、

この順番で英語を学習してほしいです。



スポンサーリンク

英語に触れる環境をつくろう!子どもは音で言葉を学ぶ

子供の足の裏



日本でも江戸時代、読み書きのできない人は

珍しくありませんでした。



心身に異常がなければ、

会話のできない人はいませんでした。



それは、聞く・話すという環境にあっても、

読み書きは習う環境になかったからです。



発展途上国などでも同じです。



聞く・話すことはできても、

読み書きのできない人が多くいます。



英語も学習する順番さえ正しければ、

誰でも話すことができるようになります。



では、どんな環境が必要でしょうか?



それは、親が英語を話すことが一番です。



半分日本語で、半分英語で

接してみてください。



子どもは必ず英語を話します。



しかし、英語が得意な

親御さんばかりではありませんね。



そんなときは、英語のアニメを見せたり、

英語の歌を聞かせたりしてください。



まずは聞かせるだけでいいのです。



「聞く→話す→読む→書く」

の順番ですから。



話せるようになったら、

お母さんも一緒に話してみましょう。



お母さんも英語を覚えて一石二鳥です。



とにかく、子どもに英語が楽しいと

思わせることが大切です。



楽しいと思えば、すぐに覚えちゃいます。



スポンサーリンク

音で聞くだけでOK?!アプリで英語に触れる環境を整えよう!

iPhoneを見ている二人の男の子



英語でのアニメは、好きなキャラクターが

登場して興味を引きます。



ただ、飽きてしまう場合かあります。

面白くないと感じたら、

すぐに飽きます。



その点、英語アプリは場所を選ばず、

飽きてしまったら、中断できるし、

また興味を示したら始めればいいですね。



何より、スマートフォン1つあれば

どこでも簡単にできるのがメリットです。



スマートフォンよりもタブレットのほうが、

画面が大きくて見やすく、幼児向きです。



最近では、幼児向けの英語学習アプリが

たくさん配信され、迷ってしまうほどです。



歌やダンス、絵本の読み聞かせ、ゲームなど、

様々なものがありますね。



無料アプリもたくさんあり、

お金もかかりかせん。



英語アプリをダウンロードして

みましょう。



しかし、アプリばかりみていて

外遊びをしないのはよくありません。



子どもは外遊びが一番の学習です。



長時間アプリを見ていては、

視力低下も心配です。



ほどほどに、英語アプリを

利用してくださいね。



おすすめ英語アプリは、コレです!



楽しい英語 Fun English: 子供英语学習(ESL)

楽しい英語 Fun English: 子供英语学習(ESL)

Studycat Limited無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

まとめ

英語の学習は聞くことから始めてください。



「聞く」という基本ができていなければ、

その先が難しくなります。



英語も言葉ですから。



親が話せることが理想的ですが、

難しい場合はアニメやアプリを

活用しましょう。



とくに、アプリは多種多様なものがあり、

無料でダウンロードできる



アプリもたくさんあります。



アプリは外出先でも使えるのがいいですね。



歌ったり、踊ったり、ゲームをしたり

楽しく学ばせることが大事です。



しかし、テレビやアプリだけで

子どもを育てては、健全ではありません。



外遊びを大切にしつつ、

英語を学ばせましょう。

スポンサーリンク