お中元やお歳暮の一般的な値段とは?軽減税率対象内なのか?
スポンサーリンク

お歳暮


この世には、高い物から、安い物まで

多くの物でありふれています。



そして、それは時と場合により、

必要性も異なります。



高ければ高いほど良いとされる場面や逆に、

安い方が好まれる場合など。



明らかに判別が可能な場面もありますが、

実際、どっちの方が良いのか分からないことも

多々あるのではないでしょうか?



そこで、今回、お中元やお歳暮で贈る物として、

どのくらいの値段の物が一般的と

されているのか説明、解説して

いきたいと思います。



では、まず、お中元やお歳暮で贈る物として

一般的とされている値段についてですが、

結論から言うと、3000円から5000円くらいが

妥当とされているようです。



あまりに高価すぎる物を贈ってしまうと、

そのお返しに相手が困ってしまうことは

目に見えていますので、やめた方が

良いでしょう。



また、安すぎる物も失礼に

値してしまうので、やめましょう。



そうなると、前述した通り、

3000円から5000円くらいが妥当ですよね。



次に、お中元やお歳暮は、

軽減税率対象内になるのかということですが、

結論から申し上げますと、

一概に対象内であるとは言えないです。



なぜ、このような曖昧な回答になって

しまうのかと言うと、基本的に、

贈答品はお持ち帰りが一般的なので、

飲食料品ですと軽減税率の対象となり

8%となります。



しかし、酒類は対象外なので10%となります。



しかし、ある条件を満たせば、

酒類も8%になる場合もあるようで、

とても分かりづらいものとなっています。



次の章からは、お中元とお歳暮の文化は

なぜあるのかということについて

説明していきます。



スポンサーリンク

お中元とお歳暮の文化ってなぜあるのか?

ステーキ肉



それは、ズバリ!お中元とお歳暮の文化は

仏教、中国の影響を受けているのです。



御先祖様を祀るといったことを年に二回、

お中元とお歳暮として行うことが根付いたようです。



そう考えると、7〜8月頃にお中元、

12〜1月にお歳暮を贈ることにも頷けますよね。



次の章では、お中元とお歳暮にオススメの物を

ご紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク

お中元とお歳暮にオススメの食べ物を紹介!

お中元



相手の好みの食べ物を贈れば、

それが一番良いのですが、



「相手の好みなんか分からないよ」



という方のために、お中元とお歳暮に

オススメの食べ物をご紹介します。



まず、お中元に関してですが、

先述した通り、夏らしさを感じさせる

食べ物が良いと思われます。



そのため、酒類ですとビール、

また、海鮮セットなんかも夏っぽくて

良いと思われます。



次に、お歳暮に関してですが、

これもまた、先述した通り、

冬っぽさを感じさせる物が良いと

思われます。



そのため、魚介系ですと牡蠣やカニ、

また、お節と一緒に食べられるような、

数の子なんかも定番だったりします。



その他にも、お中元、お歳暮の両方に

贈れる物として、チョコレートや

クッキーなどの菓子類、ソーセージや

ハムといった肉類なんかも良いでしょう。



ここで紹介した物はあくまで一例にすぎません。



お中元やお歳暮には絶対にこれを

贈らなければならない、というものは

特別ございませんので、一番は相手の好みの

物から贈るのがベストなのではないでしょうか?



スポンサーリンク

まとめ

ここまでの内容をまとめると、まず、

お中元とお歳暮で贈るべき物として、

3000円から5000円くらいの値段が

一般的とされています。



また、お中元やお歳暮は、軽減税率対象内に

なるのかは、一概に対象内であるとは

言えないということです。



また、お中元とお歳暮の文化は、仏教、

中国の影響を受けており、御先祖様を

祀ることとしてお中元、お歳暮が

文化として根付いていったようです。



お中元であれば、夏らしさを感じさせる物、

お歳暮であれば、冬らしさを

感じさせるもののように。



例えば、お中元であれば、ビールや海鮮セットなど、

お歳暮であれば、牡蠣やカニ、

数の子などが挙げられます。



また、両方に該当する物として、

チョコレート、ハムなどがあります。



ただ、お中元、お歳暮にはこれを

贈らなければならないというような

決まりは特にないため、相手の好みに

合わせて贈るのが良いでしょう。



いかかでしたか?

少しはお役に立てたのでは

ないでしょうか?



最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク