お中元やお歳暮は兄弟にも贈るべき?
スポンサーリンク

お中元


小さい頃は仲良く遊んでいたのに、

大人になるにつれ、交流が少なくなっていき、

今ではほとんど会わない。



これってなんだか悲しいですよね。



そんな関係が多いと思われるのが

「兄弟」です。




兄弟、姉妹って小さい頃はあんなにも

仲が良いのにどうして大きくなったら

ほぼ疎遠状態みたいになってしまうことが

多いのでしょうか?



「え?私たち仲いいよ!」という方も

いらっしゃるかもしれませんが、

今回は、そんな兄弟に関する

「お中元、お歳暮」について解説、

説明していきたいと思います。



この記事の内容がきっと

あなたのお役に立てることかと思いますので、

是非最後までご覧ください。



スポンサーリンク

お中元やお歳暮は兄弟にも贈るべきなのか?

そうめん



では、お中元やお歳暮は兄弟にも贈るべきなのか?

その疑問に答えていきたいと思います。



結論から言うと、兄弟には必ずしも贈らなければ

ならないというわけではありません。



ただ、去年までは贈っていたのに、

今年からは何の前触れもなく、

急に贈らないというのはよくありません。



そのため、やめる、もしくは、

やめたいのであればきちんとした方法に

のっとってやめましょう。

(後半でご紹介します。)



また、お中元だけ、お歳暮だけ贈りたい、

贈るのをやめたいという方も

いらっしゃるかと思います。



そういった方は、基本的には、

どちらか片方だけというのはあまりよくないと

されていますので、贈るなら両方贈る、

やめるなら両方やめるという風にしましょう



お中元やお歳暮には、

もちろん大切な意味がありますが、

その意味以上に兄弟や家族との

繋がりを持つということに大きな意味が

あるのではないでしょうか。



次の章からは、お中元やお歳暮を

やめたいという方のために、

やめ方などを説明していこうと思います。



スポンサーリンク

お中元やお歳暮はいらない!?そのやめ方などを紹介!

メロン



前章では、お中元やお歳暮の大切さについて

少し触れましたが、中にはやめたいという方も

多くいらっしゃることかと思いますので、

そのやめ方などについて説明していきたいと

思います。



まず、やめ方については、贈られてきたお中元や

お歳暮にお礼として手紙を送る際に、

お断りの旨を伝えるのが良いでしょう。



いきなり、やめてしまうと、

色々と誤解を招いてしまうかも

しれませんので、やめる際には、

きちんとあらかじめ伝えるべきです。



もし、お中元やお歳暮を贈ることが

少しでも負担になっているのでしたら、

やめるというのも一つの選択肢と言えます。



渋々、贈り続けるほど相手にとって

失礼に値することはありませんよね。



スポンサーリンク

まとめ

ここまでの内容をまとめていきたいと思います。



まず、お中元やお歳暮を兄弟にも

贈るべきなのかということに関しては、

必ずしもその必要性があるわけではないです。



仕方がなく贈っているという状態なら

やめるという選択もありなのかもしれませんね。



ただ、贈ることで繋がりを持つことはできるため、

贈ることにも大きな意味はあると言えます。



また、お中元やお歳暮をやめる際には、

何の連絡もなくやめてしまうのは、

相手に様々な誤解を与えてしまう

かもしれません。



なので、きちんと贈られてきた

お中元やお歳暮などに感謝状として

手紙を送り、そこに来年からのお中元、

お歳暮のお断りをするとよいでしょう。



いかがでしたか?



嫌になってしまったり、面倒くさく感じて

しまったりしたのなら、それはもう、

やめ時なのかもしれませんね。



時にはやめることも必要なことがあります。



確かに、やめることにはそれなりの

覚悟や勇気が必要です。



しかし、その勇気や決意で

よい結果を招くのならば、

やめてみるのもよいと

思えるのではないでしょうか?



この記事の内容が少しでも

あなたのお役に立てたのなら幸いです。



ただ、ここで述べたことの中には、

私個人の意見や考えも反映されている

ということにはご了承ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク