おでんのはんぺんもふわふわに?!作り方解説
スポンサーリンク

はんぺん


おでんに入れる、ふわふわとした

軽い食感のはんぺんは

タラなどの魚のすり身に、

山芋や卵白を使った練り物で、

淡白な味をしています。



おでんに入れるはんぺんは

自宅で作ることができます。




材料は白身魚、卵白、山芋、塩、砂糖、みりん。



材料に使う白身魚はタラがお薦めです。



新鮮で高価な刺身用の魚などを

用意する必要はありません。



冷凍のタラで十分です。



なぜなら、はんぺんはふんわりと

仕上げたいので、弾力の出ない

身ほど良いのです。



筆者は刺身用の魚を使ってしまい、

ふんわりできませんでした。



材料が準備できたところで、

さっそく作ってみましょう。



タラを解凍したら包丁で細かく

ミンチ状に刻みます。



10分以上繰り返し刻み続けます。



フートプロセッサーがあれば楽ですね。



ミンチ状にした魚のすり身は、

すり鉢を使ってしっかりとすりつぶします。



30分以上かけてゆっくりと練るようにすると、

より滑らかになります。



フードプロセッサーがあっても、

すり鉢でしっかりとすりつぶす方が

なめらかになります。



その後、卵白を加えてすりつぶし、

みりんと砂糖を入れてさらに

すりつぶすします。



白いはんぺんを作りたければ、

上白糖がお勧めです。



次は山芋をすりつぶします。



山芋をすったら先ほど作ったタネとまぜ、

空気を含むようにさらにすりつぶします。



ここでたくさんの空気を含むように

念入りにすりつぶしておくと、

ふんわりとしたはんぺんになります。



最後に塩を加え、しっかりと

混ぜ合わせます。



お好みの形に型どり、

沸騰したお湯に入れて

10分ほど茹でれば出来上がりです。



スポンサーリンク

おでんのはんぺんはいつ入れる?

はんぺん



おでんは味が染み込みにくい

素材から煮込みます。



練り物は煮込み過ぎは厳禁です。



煮すぎると、はんぺん本来の風味が

そこなわれ、しぼんでしまいます。



ふわふわとした食感を楽しめるように

仕上げたいものです。



そのため、おでんが煮上がる寸前に

はんぺんを入れて、汁をはんぺんに掛けて下さい。



はんぺんは軽くて浮いてしまうので、

食べるときに冷たくならないように

汁を掛けてやります。



そして絶対に蓋をしないことです。



はんぺんを入れた後に蓋をすると、

はんぺんがだしを吸収し過ぎ、

蓋を開けたとき、一気にしぼんでしまいます。



以前おでんを作った時、材料を煮込む時に、

はんぺんも一緒に煮込んだら、

はんぺんが膨らんで後、

ぺったんこに硬くなってしまい、

大失敗してしまいました。



ふわふわのはんぺんを期待していた

子どもたちに怒られました。



はんぺんの素材の味を生かすためには、

投入のタイミングがとても大事です。



スポンサーリンク

残ったおでんのはんぺんのアレンジ方法とは

はんぺん

真っ白でふわふわした食感のはんぺんは、

くせがなく食べやすい食材ですよね。



おでん以外にも、いろいろな

アレンジ方法があります。



2つご紹介します。

はんぺんツナナゲット

はんぺんでふわふわナゲットレシピです。



はんぺんツナナゲットは

簡単にできるのでおやつにいかかですか?



作り方は

ボウルにはんぺんをちぎり入れ、

卵、片栗粉、マヨネーズ、粉チーズに

塩こしょうを加えて手で潰しながら

よく混ぜます。



次にツナを加えて混ぜたら、

サラダ油を塗った手でをとり成型します。



フライパンに成型したものの

半分くらいの高さまでサラダ油を注ぎ、

揚げ焼きにします。



きつね色に焼き色がついたら完成です。



お好みでケチャップをつけてください。



はんぺんのねぎマヨ焼き

まるでピザのような出来上がり!」

ふんわりしたはんぺんとたっぷり

乗せたねぎが相性抜群です。



作り方は

ねぎマヨを作ります。



ねぎの青い部分は薄い小口切りにし、

残りの材料と混ぜます。



はんぺんを三角形になるよう4等分に切り、

オーブントースターの受け皿にのせ、

はんぺんの大きさに合わせ、

スプーンでねぎマヨをぬり広げるます。



約5分、こんがりと焼き色がつくまで

焼いたら完成です。



スポンサーリンク

まとめ

はんぺんを手作りするのもよし。

アレンジするのもよし。



手作りは、ちょっと手間がかかりますが、

自分だけのはんぺんを楽しめますね。



ふわふわとした食感で淡泊な味のはんぺんは、

おでんはもちろん、いろいろなものと

相性がよいのです。



おでんでは、くれぐれも煮すぎに注意して

ふわふわの食感を楽しみましょう。



はんぺんは楽しいことがいっぱい!

さまざまな食べ方でどうぞ。

スポンサーリンク