お中元を8月に贈るのは遅い?正しい時期と贈り方を解説!
スポンサーリンク

お中元


夏には様々なイベントや行事があります。



そのため、ついつい行うのを忘れて

しまっていることがありますよね。



そうです。「お中元」です。



今回は、そんなついつい忘れて

しまうことが多いと思われる「お中元」の

時期や贈り方について説明、解説していきます。



きっとお役に立てる内容になっているので、

是非最後までご覧ください。



お中元を8月に贈るのは遅い?正しい時期と贈り方を解説!

お中元のお礼ってどうしてる?正しい返事はコレだ!

スポンサーリンク

8月上旬にお中元を贈るのはセーフ?

お中元



まず、お中元を贈るべき正しい

時期はいつなのか説明していきます。



地域によって多少の違いはあるにせよ

7月15日から8月15日の間に贈るのが

一般的とされています。



そのため、8月上旬にお中元を贈るのは、

ぎりぎりアウトと言えます。



「思っていたよりも早いな」と

感じたのではないでしょうか。



忙しく、やることが多い夏真っただ中のことなので

より一層早いと感じますよね。



以上のことから、お中元の準備を

し始めるのは、6月の終わりごろくらいからが

ベストと言えるのではないでしょうか。



ただ、あまりにも早すぎるのも良くないので、

その点についてはご注意ください。



次の章では、お中元を贈り忘れてしまった時の

対処法やその他のお中元に関することについて

解説、説明していきます。



是非最後までご覧ください。



スポンサーリンク

8月上旬以降にお中元を贈ることになった時の対処法とは?その他のことについても説明!

お中元



では、お中元のことをすっかり忘れてしまっていて、

気が付いたら8月上旬だった時は

どうすればよいのでしょう。



その対処方法としては、

暑中御見舞または残暑御見舞として

贈ることが挙げられます。



せっかく試行錯誤して選んだものなのだから、

贈らなければもったいないですよね。



そのため、お中元として贈ることに失敗しても、

暑中見舞、残暑御見舞として贈りましょう。



受け取った方もきっと喜んでくれることでしょう。



また、お中元に関することでよく言われるのが、

「贈る相手が喪中だった場合はどうなのか?」

ということです。



結論から言うと、相手が喪中の場合でも

贈って問題ありません。



なぜ問題ないのかと言うと、

お中元は何かを祝ったりすることではなく、

日ごろの感謝の気持ちを伝えることであるからです。



しかし、注意しなければならないことがいくつかあります。



まず、忌中は控える必要があるということです。



そのため、そうした状況の方に

お中元を贈る場合は、四十九日を過ぎてから、

贈ると良いでしょう。



最後に、のしを使わず、無地の

ものを使用するということです。



普通なら、のしを使用するのですが、

喪中の相手に贈る場合は、のしを使ってはいけません。



なので、無地のかけ紙を使いましょう。



スポンサーリンク

まとめ

説明、解説してきたことをまとめると、

お中元は7月15日から8月15日までの間に

贈るのが一般的とされています。



(一部地域により異なる)

また、贈るタイミングを逸してしまっても、

対処方法はあるので、焦る必要はないが、

ルールや決まりをしっかりと守る必要性があります。



また、この記事を機に、お中元について多少は

知ることができたのではないでしょうか。



普通に生活していていると、

お中元について学ぶ機会など

ほとんどありませんもんね。



ここで学んだことを活かして、

これからお中元を贈る人も、

そうでない人も、今以上にお中元のマナーに

気を付けていってもらえればと思います。



この記事が少しでも

お役に立てたのなら幸いです。



最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク