家でかき氷!シロップと入れ物を求めて100均へGO!
スポンサーリンク

かき氷


家でかき氷をする際に

必要になってくるものは氷、

シロップ、入れ物、かき氷機です。



今回はシロップと入れ物について

書いていきます。



シロップと入れ物を手に入れたい時は

安くてお手軽に手に入れることができる

100均がおすすめです。



さまざまな雑貨が安く

手に入れられることが特徴です。



現在では100円以外に200円、

300円で高クオリティーの

商品も販売されています。



そんな100均で販売されている

シロップ、入れ物とはどんなものなのか。



入れ物は祭りなどの屋台で使われている

カップが売られています。



使い捨てができる容器が

安く大量に手に入れれるので

夏の暑い日によく食べる方には

おすすめです。



ダイソーでは、シロップが200mlの

ペットボトルで、販売されているため

余ったら冷蔵保存できるので

何日かにわたってかき氷が楽しめます。



また種類もブルーハワイ、いちご、

メロンの3種類が販売されています。



飽きないで楽しめますね。

ぜひこの夏かき氷を楽しむ方で

材料に困った方は100均に行ってみてください。



スポンサーリンク

かき氷のシロップを買うならダイソーがベスト

かき氷



かき氷のシロップをお買い求めの方は

ダイソーがおすすめです。



なぜなら業務スーパーや

ドン・キホーテなどで

販売されているシロップは

大容量が売りになっているからです。



そのため今夏で使え切れなかった分は

来夏までの持ち越しになってしまいますが

衛生上心配になります。



しかしダイソーのシロップは

200mlのペットボトルに入っているので

今夏で使い切ることができます。



かき氷は家以外でも食べたくなりますよね。



例えば、公園に遊びに行った時や

キャンプに行った時など。



そんな時に荷物にならずに

手軽に持ち運びできる優れモノです。



スポンサーリンク

余ったかき氷シロップをアレンジ!?

かき氷



先ほどダイソーのシロップは少量で

使い切れることで便利と書きましたが

1本じゃ足りないと思って2本買って

みたという方少なくはないと思います。



そのせいで余ってしまって

来年まで置いておくのは

嫌だから使い切りたいという方に

おすすめアレンジがあります。



ヨーグルトと混ぜる

ノーマルタイプのヨーグルトに

入れて食べてみるといつもと

違う味が楽しめます。



こちらもヨーグルトは白いため

色を楽しむことができます。



ケーキなどのお菓子に混ぜる

ケーキ屋クッキーなどのお菓子を

作る際に一緒に入れると色や味を

楽しめます。



たまには変わったお菓子を作って

楽しむと楽しくなります。



スポンサーリンク

シロップの予想外な事実とは!?

かき氷



先ほどご紹介したかき氷シロップ、

これには予想外な事実があります。



それは多種多様な色、味ががある

シロップですがこれら実はすべて同じ味なのです。



「嘘だ!」と思った方いると思います。



ですがまぎれもない事実なのです。



からくりをご説明します。



まずすべてのシロップに含まれている

原料は砂糖、果糖ブドウ糖液糖、酸味料

着色料、香料、保存料、安定剤などです。



原料から一目瞭然です。



詳しいからくりについてお伝えします。



まず人間が味覚を認識する方法は

舌、鼻、目です。



このうちの目と鼻がシロップの味を

認識してしまう原料が含まれているため

本来の味はすべて同じでも違う味と

人間は認識してしまうのです。



残念な事実です。



しかしこれは昔からあるいちごやメロン、

ブルーハワイの味に限るそうです。



なのでカルピスやコーヒーなどの

特殊な味は対象ではありません。



かき氷を食べた時になる頭キーンをどうにかしたい!

天然水



かき氷などの冷たいものを

食べた時に頭がキーンとなる現象。



その現象を少しでも解消する縫合があります。



それは冷たいものを食べる前に

冷たい飲み物を飲むということと

天然氷でできたかき氷を食べることです。



まず人間が冷たさを感じる神経を

三又神経といいます。



かき氷を急に食べることで

この三又神経が急激に刺激されたことにより

脳が痛みと勘違いしてしまうのです。



なのでいきなりかき氷を食べるのではなく

冷たい飲み物をを先に飲むことにより

その脳の勘違いを解消してあげればいいです。



次に天然氷でできたかき氷を食べる。



天然氷は水以外の不純物が非常に少ないです。



このことから融点(氷が溶ける温度)が

0度付近となります。



冷凍庫で作られた氷は

マイナス10度くらいです。



つまり冷凍庫で作られた氷より

天然氷の方が三又神経への

刺激が少ないということです。



このような点を意識して食べると

不快な思いをせずに食べれるので

ぜひ試してみてください。



まとめ

かき氷の入れ物やシロップは

100均がお得ですよという記事でした。

あなたの参考になればと思います。

スポンサーリンク