誰でも出来る!?ボウフラ駆除の簡単テクニック!
スポンサーリンク

水たまり


ボウフラ駆除の簡単テクニックについて

お伝えします。



ボウフラは水中に生息する蚊の幼虫です。



庭の鉢植えの水受け皿や池といった水中に

蚊が産卵して数日でボウフラになります。



およそ二週間ほどで蚊になってしまうので

ボウフラを発見したら早く駆除すべきです。



主な方法は以下の三つになっています。



  • 家庭用品でボウフラを駆除する
  • ボウフラ用の殺虫剤を散布する
  • 水場を減らし清潔にしておく


どれも簡単にできるボウフラ対策なので

ボウフラに困ったら試してみてください。



簡単に駆除することができオススメです。



家の中でたくさんの蚊が発生している場合は

窓の閉め忘れと水回りをチェックしてみて。



また、蚊の種類で好む水場は異なります。



家の中の小さな水場を好む蚊もいるので

空き缶やペットボトルのちょっとした水でも

ボウフラが発生することがあります。



ひとまず家庭用品で簡単に駆除しましょう。



スポンサーリンク

ボウフラを駆除することができる家庭用品は?

ボウフラ



どこの家庭の台所にもある家庭用品なので

手軽に駆除対策をほどこすことができます。



下記の家庭用品は個別に効果が違います。



その特徴を生かした場所で行ってください。



水面にたらす系のボウフラ駆除対策

  • 食器用洗剤
  • 食用油


ボウフラは水面に浮き上がり呼吸をするので

食器用洗剤や食用油を水面に垂らすことで

呼吸することができずに死んでしまいます。



水面すべてに油膜を広げておく必要があり

とても大きな水たまりや池、流れの強い側溝

といった場所にはあまり適していません。



また、油は使用した場所が汚れてしまうので

長く利用するには向いていない対策です。



家庭用品の薬剤でボウフラ駆除対策

  • 塩素系漂白剤(ハイターなど)


ハイターといった塩素系漂白剤を使う駆除。



16時間ほどでボウフラは死滅するというので

できるだけ確実に駆除したいならオススメ。



安心安全にボウフラを駆除できる方法

  • 熱湯
  • 10円玉や銅板


水たまりに熱湯を注いで駆除する方法は

薬剤や洗剤、油を使わず自然に優しく安全に

ボウフラを駆除することができます。



しかし、熱湯が水に戻ると意味はなくなり

熱湯をかけたボウフラだけ駆除できますが

後から効果が薄れて持続性はありません。



10円玉や銅板は環境に良く、持続性もあり

銅の成分がボウフラの成長を妨げるので

蚊になることができずに死滅します。



10円玉の場合は水溜りの広さに合わせて

より多くの数を使用する必要があるので、

広くなるほどたくさんの10円玉が必要です。



スポンサーリンク

ボウフラ駆除に効果てきめん!塩を使ったボウフラ駆除術

ボウフラ



さまざま家庭用品での駆除を紹介しましたが

特に簡単にできる方法は塩を使うもの!



塩分濃度が高いと生息することができない

ボウフラの種類が存在しますので、

そのような種類には効果が期待できます。



家の中の水回りは塩を使用して駆除が可能。



しかし、土壌に使用するのであれば植物に

悪影響を与えてしまうので注意しましょう。



スポンサーリンク

水溜りが原因!ボウフラ駆除のあとの予防法

蚊



簡単に駆除できるのは良いことですが

もともとの原因である水場を減らさなければ

ボウフラの発生を食い止められません。



水溜りを減らすように心がけましょう。



もし減らすことができないのであれば

水を清潔に保つことも予防方法になります。



なぜなら、ボウフラは汚水を好むからです。



まめに水換えをして水を清潔に保ちましょう。



他に水溜りに網をかけて蚊の飛来を防いだり

水流を起こして水面を乱すようにしたりして

ボウフラの発生を減らすことが可能です。



網の場合は網戸のような網目の細かいものを

選んだほうが効果が期待できるでしょう。



また、魚を水溜りにはなす方法もあります。



発生場所が庭の池なら景観にも良いです。



鉢植えであればヒメメダカや金魚が最適。



ボウフラを一口で食べれるサイズの魚は

駆除をしながらボウフラ予防にもなります。



まとめ

ボウフラは成長すると蚊になってしまうので

放置すれば確実に吸血されてしまいます。



虫刺されの嫌な痒みに悩まされたことは

誰しも夏頃に何度も経験しているでしょう。



家の中なら、室内に蚊を侵入させないことも

ひとつのボウフラ対策になります。



25度以上の温度が続く時期になってくると

蚊は吸血して産卵するようになります。



そのため、6月以降~9月程度までは

ボウフラの発生に注意してください。



近年は温暖化で気温が上がっているために

ボウフラの発生が早まっているそうです。



ボウフラ対策はどのような駆除方法でも

水溜りの管理を豆に行うことができなければ

発生を防ぐことはなかなか難しいでしょう。



細やかな管理を心がけてみてください。



最終手段にボウフラ駆除の錠剤もあります。



インターネットで簡単に入手することができ

ホームセンターでも販売しています。



主にボンフラン錠剤、デミリン発泡錠や

スミラブ発泡錠剤といったものがあります。



あなたの目的にあった駆除方法を選択して

適切にボウフラ予防を行っていきましょう。

スポンサーリンク