夫婦喧嘩のその後…無視するようになった相手への対処法
スポンサーリンク

夫婦喧嘩


誰しも夫婦であれば喧嘩の一つや二つ、

当たり前のように経験があるでしょう。



喧嘩の始まりがささいな事であっても

互いにヒートアップしすぎて言葉が収まらず

最終的にどちらかが無視に至ることも。



無視が長引けば夫婦関係が危ぶまれます。



しかし、夫婦喧嘩の対策があれば安心です。

無視されたら次のように対処しましょう。



  • 相手の気持ちをよく考えて謝罪
  • 互いの気持ちを落ち着かせる時間を持つ
  • 何気ない会話や挨拶は欠かさないように


上記は一般的に行える対策をあげました。

それぞれ無視の状況で対処方法は違います。

夫婦喧嘩の理由と状況を見極めてください。



スポンサーリンク

小さな夫婦喧嘩だったのに!? 無視が続いてしまう理由と対処は?

悩む妻




無視が続く夫婦喧嘩

きっかけは寝起きの機嫌が悪かっただけ。

なかなか起きない夫に妻は小言が止まらず。



イライラした夫は買い言葉に売り言葉で

「休みの日くらい寝かしといてくれよ!」

と少しキツく言い返してしまいました。



朝食のいい匂いがしているにも関わらず。

しかし、眠気を我慢することができません。



少しして起きた後には冷めた朝食だけがあり

妻はリビングで一人、テレビを見ています。



「(おかずを)温めておいてくれる?」

リビングの妻から反応はありませんでした。




上記の夫婦喧嘩を参考にしてみてください。

無視が続いている場合の理由と対策は

状況と喧嘩の理由によって選択しましょう。



その1 無視された理由が明確なとき

明らかに自身が悪いとわかっている喧嘩。

無視している理由は怒りの感情からです。

妻の気持ちをよく考えて謝罪しましょう。




謝罪例

「朝食を作ってくれたのにごめんね」

「起こしてくれたのにごめんね」

「朝食を一緒に食べれなくてごめんね」




謝罪と共に妻の喜ぶものをプレゼントする。

または妻の喜ぶことをその日にしましょう。



しかし、些細な喧嘩ではないのならNGです。



喧嘩の理由が大きなものの場合は逆効果。



また、自分が悪くても謝りづらいという人は

時間をおいて頭を冷やすようにしましょう。



そして謝らずとも妻の喜ぶことをしてみて。



その2 無視された理由がわからない

夫婦喧嘩のあとに無視されているけれど

喧嘩の際に互いの気持ちは伝えている。



なんで無視されているのかわからない。



理由をすぐに聞くことも確かに大切ですが

この場合はそっとしておくことが最善です。



無視するのは感情を落ち着けているから。



少し時間をおいてから理由を尋ねましょう。

あとから無視が解消する可能性もあります。



その3 理由なく無視されている可能性

喧嘩したことをきっかけに妻が無視を継続。



しかし、もう喧嘩は関係なくなってしまい

ただ意地になって引くに引けない状態かも。



何気ない会話や挨拶だけを続けましょう。



雰囲気を大切にして過ごしてください。



妻が挨拶や何気ない会話をするようであれば

夫婦で一緒にしたいと妻が言っていたことを

誘ってみると良いでしょう。



スポンサーリンク

その夫婦喧嘩がきっかけで!?離婚という最悪な結末も…

壊れたハート



どんな喧嘩であっても無視という方法は

コミュニケーションで最悪の手段です。



夫婦の場合は離婚という最悪な事態を

引き起こしてしまうこともあります。



たとえ、喧嘩の理由が些細なことであっても

互いを無視する時間が長く続いてしまうと

夫婦の関係に良くない影響を及ぼすのです。



相手に怒りと悲しみの感情を抱きます。



次は寂しさとやりきれなさがやってきて

最終的には虚しさと無関心に変化。



あまりにも頻度の多い夫婦喧嘩だった場合は

うんざりした気持ちによって無視が発生し

ずっと会話できない可能性もあります。



気づいた頃にはすでに遅いかもしれません。



夫婦の離婚を回避するためにも喧嘩の際は

無視する、されるのを最小限にしましょう。



無視に至ってしまう気持ちを互いに理解して

できるだけ無視する状況を減らすのが一番。

  • 相手を言い負かすような喧嘩をしない
  • 自分の気分の変化は自身の中で解消する
  • 相手の気分を理解し共感の姿勢で会話する


夫婦であっても長く一緒にいても他人です。

思いやりや気遣いを忘れてはいけません。



スポンサーリンク

手紙も有効!?夫婦喧嘩の打開策。解決への光。

388185 s



どんなに無視されるのを回避したくても

人間なので無視してしまうことはあります。



夫婦喧嘩は特によくあることでしょう。



なかなか無視をやめることができない。

または、解決したいけど会話は厳しい場合。



手紙やLINEといった方法も有効的です。



手紙であれば直筆で書くことによって

心の温かみを妻に伝えることができます。



文章をよく考えて丁寧に書くことで

しっかり考えていることも伝わるでしょう。



夫婦喧嘩でどうしても困ってしまったときは

気持ちや意見を手紙にしてみてください。



まとめ

夫婦喧嘩は本当にたくさんあります。



また同じことで喧嘩しているのかと

うんざりしてしまうことも多いです。



しかし、長い時間を共に暮せば

喧嘩は当たり前のことでもあります。



相手の性格や習慣、価値観の違いが

衝突の原因であることがほとんどです。



重要なのは否定しない会話をすること。



些細なことで始まった喧嘩であるのなら

ふとした会話で出てしまった言葉や態度を

すぐに謝ることが一番の解決方法です。



次からは自身の状態や気持ちを理解して

相手を無闇に傷つけないようにしましょう。



喧嘩しても後から笑えるのなら大丈夫です。

スポンサーリンク