離婚しよう…大好きな夫に離婚を切り出されたら
スポンサーリンク

離婚届


大好きな夫に突然言われた

離婚話で動揺を隠せない。



昨日まで何事もなく一緒に過ごしていたのに

何が良くなかったのかもわからないあなた。



夫の離婚したい理由が思い当たらないほど、

互いに何不自由なく快適に生活していた。



また、あなたは夫が苦しむほどのことを

故意にした覚えがないということでしょう。



夫も不満を言うことなく過ごしていたのに。



考えれば考えるほど心が乱れるばかりです。



ひとまずは冷静になって以下をしましょう。



  • 決断を急がないで自身の気持ちを確かめる
  • 自分自身に非がないかを考える
  • 夫の離婚したい理由を考える


スポンサーリンク

夫と離婚する前にとにかく落ち着こう

夫が離婚の決定を急いでいないのであれば

彼の離婚宣言を聞いた後に数日でもいいので

互いに落ち着く時間を作ってください。



もし夫があなたの決断を急かしたとしても

「ちゃんと決断したいから待ってほしい」

とあなたの意思をはっきりと伝えましょう。



答えを急ぐことはどちらにも不利益です。



感情的になっては後悔することになります。



落ち着くことで良い決断を出せるはずです。



そして、今後する離婚の話し合いの前に

大好きな旦那の離婚に応じるのか、

応じないのかをあなたの意思で明確に

しておきましょう。



突然、大好きな夫から離婚の話をされて

悲しみと不安でいっぱいなのは当たり前。



しかし、あなたのためにも夫のためにも

冷静な行動と判断を心がけてください。



もしあなたが離婚に応じないつもりならば

感情的な話し合いや夫にすがる行動は

良くない結果を生み出してしまうでしょう。



時間をおいてあなたが落ち着いた後は

夫に離婚したい理由を聞いてみましょう。



意思に変化があるのかも確かめてください。



相手を気遣いながら話すことは大切です。



しかし、へりくだりすぎてはいけません。



理由を知るまでは対等に話をしましょう。



もし夫が理由を話したがらないのであれば

それでは決断できないと伝えてください。



夫婦が前進するには何事も理由が必要です。



また、離婚の意志が確固たるものなのか、

修復する意思があるのかを確認しましょう。



スポンサーリンク

理由は!?なぜ夫は離婚を切り出したのか?

ハートが割れている



苦渋の決断の末に離婚を切り出している夫。



離婚は簡単にできることではありません。



離婚の理由は夫にとって重要なことのはず。

夫を理解するために冷静に聞いてください。

今までの夫婦生活を振り返ってみましょう。



あなたに思い当たる理由がないのであれば

夫が我慢していたことがあるはずです。



パターン1 夫婦生活での価値観の不一致

些細なことでも重要な価値観が違うと

夫婦生活ができなくなることがあります。



あなたにとっては重要ではないことでも

夫が大切にしていることはあるはずです。



あなたはそれをないがしろにしてませんか。



夫の離婚理由が価値観の不一致の場合は

ものによっては修復の可能性もあります。



パターン2 会話やスキンシップの不足

関係で必要なのはコミュニケーションです。



互いの価値観や嫌いなことを知るためにも

愛情を確かめ合うためにも、何をするにも

夫婦の会話を欠かすことはできません。



どちらかが会話をないがしろにしていたら

問題が発生するのは当たり前のことです。



パターン3 モラルハラスメントといった言動

人格を否定する言動、大切なものを壊す言動、

必要以上に管理して束縛するといったことは

愛情があったとしても夫を傷つけています。



あなたのために夫は我慢していたとしても

人としてまともに暮らせていないでしょう。



さて、離婚の理由を聞いて納得しましたか。



夫を愛していて離婚したくないとしたら

離婚理由になっている問題を解決して

夫の気持ちを納得させる必要があります。



または、夫の指摘する理由が具体的でなく

離婚理由に当てはまらないのであれば、

法的に夫は自ら離婚することができません。



スポンサーリンク

夫の本心は?後悔しないためにも、すぐには離婚には応じずに

ブーケ



夫側にはっきりとした離婚理由がなければ

強制的に離婚することは不可能です。



衝動で離婚に応じないようにしましょう。



もしあなたの選択肢の中に離婚があるのなら

家族の理解が得られるか、子どもの生活、

今後の生活の経済状況を考えましょう。



離婚に応じるにしても、応じないとしても

突然に生活が変化することは大変なこと。



ある程度の計画と話し合いを必要とします。



または、夫が衝動的に言い出した可能性も。

できるだけ修復を目指して行動しましょう。

そうすれば夫の気持ちに変化を作れます。



他に具体的な理由なく離婚を宣言した場合

夫側に不貞行為がある可能性もあります。



まとめ

夫婦であってもまったく違う人間同士です。



価値観が違うことも我慢していることも

互いに当たり前のようにあるでしょう。



離婚を宣言されたことで新たな夫婦としての

関係性を築くことができるかもしれません。



一度も話し合いや修復をしていない夫婦なら

話し合いを重ねて互いを理解しましょう。



夫を愛しているのであれば豆な会話を心がけ

感謝や労いを伝えるようにしてください。



子どもがいるのであれば家族のためにも

最初は修復を目指すことをオススメします。

スポンサーリンク