隣人とのトラブルが怖い!対処法はどうすればいい?
スポンサーリンク

家


あなたのお家の隣人は

トラブルメーカーではありませんか?



一刻も早く、トラブルは

対処したいですよね。



夜中に奇声が聞こえてきたり、

なにかと難癖をつけられたりと

隣人トラブルは怖いですよね。




隣人トラブルはマンションやアパートだけでなく

戸建てでも起こりうることです。



顔を合わせる機会が多い

近隣住民ということもあって、

できることなら穏便に対処したいものです。



本記事ではあなたが快適な生活を取り戻すための

手助けとなる対処法をご紹介いたします。



スポンサーリンク

隣人トラブルを大きくさせないためには準備が重要!対処は慎重に

家



隣人トラブルを対処するためには、

「第三者」を介入させるのが最も有効です。



第三者に相談をする前に

いくつか手順を踏む必要があります。



準備が十分でないまま

トラブルを対処しようとすると

更に問題がこじれてしまう場合もあります。



このパートでは第三者に相談するまでの

準備について説明していきます。



最も重要なのは「証拠を集めること」です。



隣人トラブルを相談する時、

どうしても私情が入ってしまいます。



それでは、第三者はなかなか

取り合ってくれません。



第三者を動かすためには

客観的な判断材料が必要になってきます。



相談者に動いてもらうためにも

証拠集めはしっかり行いましょう。



以下のことを意識しておくだけでも

隣人トラブルを未然に防ぐことができます。



1.入居前に隣人情報を確認する

不動産会社や管理会社、町内会など

幅広い組織から情報を集めましょう。



トラブルが起こりやすいのは

左右の隣人だけではありません。



マンションやアパートの上下の入居者とも

トラブルになる可能性があります。



小さい子供がいるファミリーなのか、

夜中まで盛り上がる大学生なのか、

事前に確認をしておくだけでも

不安材料を取り除くことができます。



2.普段からコミュニケーションを取る

あなたは仲のいい人を

故意に困らせたりするでしょうか。



答えはNOだと思います。

最初は軽い挨拶だけでもいいのです。



顔見知りになれば

「この敷地は自分のものだけでない」

という気持ちが働きます。



その結果日々の生活を

見直してくれるようになるかもしれません。



また、普段からコミュニケーションを取ることで

相手へのハードルも下がります。



深入りする必要はありませんが、

お互いが気持ちよく生活できるように

意識しておきましょう。



3.自分がトラブルの原因になっていないか振り返ってみる

隣人のトラブルを訴える前に、

自分の行動は適切であるか確認しましょう。



あなたの行動が知らないうちに

周囲に迷惑をかけてしまっている可能性も

大いにあります。



「人の振り見て我が振り直せ」

という言葉の様に、一度自分を客観視して

みてくださいね。



スポンサーリンク

隣人トラブルの解決は自分で?心強い相談先とは…

電話をしている女性



準備は万全。さっそく行動に移しましょう。

相談先としての候補を4つご紹介します。



管理会社(大家さん)

まず始めに住環境の管理を行う管理会社と

住民情報を保持している大家さんに

相談しましょう。



大体は問題のある入居者に

注意の連絡がいきます。



この時、二次被害を防ぐために

誰からのクレームかわからないように

配慮してもらうようにしましょう。



管理会社や大家さんによっては

住民同士のトラブルには一切介入しない

スタンスのところもあります。



あなたのところはどうなのか

予め確認しておくとよいと思います。



民生委員

民生委員は地域住民の生活全般に

関する相談を請け負う地方公務員です。



状況を客観的に整理してくれて、

相談内容に応じた組織(役所や警察)を

紹介してくれます。



警察に相談するのは気後れするという人は

ワンクッション置いて民生委員に

相談するのもおすすめです。



警察

警察は被害届を出さなくても、

“相談”という形で、今後トラブルを

どう対処していくかアドバイスを貰えます。



また、トラブルを起こす張本人に事情徴収を

してもらうこともできます。



警察が来るだけで「悪いことはできない」

というプレッシャーになり、強い抑止力で

トラブルが緩和されるでしょう。



弁護士

どんな人でも法に抗うことは許されません。



裁判を起こさずに示談で解決するとしても、

法的執行力のある示談書を

作成してもらうだけで再発防止になります。



費用はかかってしまいますが、

長い目で見てみれば有効な手段といえます。



初回は無料で相談に乗ってもらえる

法律事務所もあるので

一度弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。



反撃や直談判は極力しないようにしましょう!



想像してみてください。

奇声に対して奇声で返したら

明らかにおかしいし

何も解決されてないですよね(笑)



直接注意するのも危険です。



新たなトラブルの引き金になりうるので

第三者に頼りましょう。



スポンサーリンク

まとめ

本来ならば家はくつろげる

スペースであるはずなのに、

トラブルに悩まされるのは悲しいですよね。



あなたの平和な日常を守るためにも

我慢せず、第三者に相談するのが吉です。



是非この記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク