鯉のぼりの意味や由来を子供向けにわかりやすく解説
スポンサーリンク

鯉のぼり


「やねより たかい こいのぼり〜♪」



こどもの日(端午の節句)頃になると、

あちこちで鯉のぼりを見ますよね。



でも、どうして端午の節句に

鯉のぼりを立てるのでしょうか?



そして、鯉のぼりを立てるように

なった意味や由来は?



そして、子供さんの質問にも

答えられるように、小学生への

説明用と幼児への説明用とに分けて

説明してみました。



鯉のぼりの順番の意味や由来は?吹き流しの意味は?

こどもの日に柏餅やちまきを食べる理由や由来



スポンサーリンク

鯉のぼりの意味や由来

鯉のぼり



鯉のぼりというのは、



  • 「登竜門」に出てくる鯉
  • 武者のぼりののぼり


の2つが由来とされます。



「登竜門」に出てくる鯉

鯉って、清流だけでなく、

池や沼でも生きることができるんです。



実はとても生命力のある

魚なんですね。



紀元前の中国の伝説に、「登竜門」

というものがあります。



黄河上流に竜門という激流の滝が

あるんです。



そこを登った魚は竜になるという

言い伝えがありました。



ある日、一匹の鯉が竜門を

登りきったのです。



登竜門を登りきった鯉は、竜になり、

天へと昇って行きました。



竜というのは、中国では縁起のいい

もので、皇帝のシンボルでもあります。



この伝説から、鯉のぼりには、

どんなに辛いことに遭遇しても

鯉のように人生の流れを突破して

立身出世して欲しいという

願いが込められているのです。



武者のぼりののぼり

日本では、昔から将軍に男の子が 生まれると、

旗指物(家紋のついた旗)や 幟(のぼり)を

立てて祝う 風習がありました。



それから武家にもこの風習が広まり、

男の子が生まれると家紋のついたのぼりを

立てるようになりました。



江戸時代中期には、庶民の間にも

広まり、のぼりに立身出世の

シンボルである鯉を描くように

なりました。



鯉のぼりとは、鯉とのぼりが

合わさったものです。



江戸時代の浮世絵には、

武家屋敷にはのぼりが立てられ

庶民の間には鯉のぼりを立てて

いる様子が描かれています。



鯉のぼりの色の変化

江戸時代の鯉のぼりは、黒一色で

真鯉のみでした。



明治時代頃から、緋鯉も加わって

真鯉と緋鯉の2色の鯉のぼりになりました。



そして、昭和時代になると

青や緑などの子鯉も加わり

ファミリータイプの鯉のぼりが

見られるようになりました。



また、鯉のぼりも多様化し、

ベランダ用、室内用など

バリエーション豊かな鯉のぼりも

登場してきました。



鎧や兜を飾る由来

端午の節句には、鎧 (よろい)や

兜(かぶと)を 飾り、のぼりを立てました。

ちなみに、鎧や兜を飾る風習は

江戸時代からのものです。



武家社会では、鎧や兜を神社に

奉納するしきたりがありました。



鎧や兜は身を守る象徴でしたが

江戸時代は戦がなく平和だったので

子供の安全や無病息災を願うために

鎧や兜を飾りました。



五月人形を端午の節句に飾るのも

江戸時代からの風習です。



スポンサーリンク

子供向けの鯉のぼりの由来の簡単な説明は?

鯉のぼり



お子さんに、



「なんで鯉のぼりを飾るの?」



って言われた時の説明を今から

しますね。



小学生向けと幼児向けの2つを

考えました。




小学生向け

中国ではね、昔、

鯉が滝を登って竜になるという

お話があるんだよ。



これは、立派に成長する

ということになるの。



昔の日本では、男の子が生まれると

のぼりという旗を立ててお祝い

していたんだよ。



いつまでも元気で立派に成長して

欲しいという願いが込められて

のぼりに鯉を描くようになったの。



それで、今の鯉のぼりになったんだよ。





幼児向け

鯉のぼりの鯉って、

お魚の鯉のことだよ。

よく池にいる大きなお魚。



知ってるよね?



昔話に、鯉が頑張って滝を

登ったというお話があるんだよ。



子供が生まれるとお祝いする

「のぼり」という旗に鯉を描いて



「鯉のように元気になりますように」



と願って旗を立てたんだよ。

それが、鯉のぼりなの。




スポンサーリンク

おわりに

鯉のぼりの意味や由来をお伝えし、

お子さんにもわかるように

説明してみました。



鯉のぼりの歴史も古いですよね。

お子さんにもぜひ伝えてあげてくださいね。

スポンサーリンク