端午の節句の意味や由来 子供向けにわかりやすく解説
スポンサーリンク

端午の節句のこいのぼりと柏餅


5月5日は端午の節句であり、

こどもの日です。



端午の節句は男の子の健やかな

成長を願う日ですよね。



端午の節句には、鎧兜(よろいかぶと)や

鯉のぼりや菖蒲を飾ったり、柏餅や

ちまきを食べたりといろんなことを

しますよね。



さて、端午の節句って何なのでしょう?

何をするのでしょうか?



そんなあなたの疑問にお答えします。



スポンサーリンク

端午の節句の意味

菖蒲



端午の節句の意味からみてみましょう。



五節句

端午の節句は、五節句のうちの 1つです。

五節句は、江戸時代に年中行事として

設定されたものです。




五節句

  • 1月7日 人日(じんじつ)の節句
  • 3月3日 上巳(じょうし)の節句
  • 5月5日 端午(たんご)の節句
  • 7月7日 七夕(しちせき)の節句
  • 9月9日 重陽(ちょうよう)の節句




これらを五節句と言います。



端午の節句の言葉の意味

端午の節句の「端午」とは端っこ、

つまり始まりという意味があります。



「月の端(はじめ)の午(うま)の日」、

つまり、その月の最初の午の日と

いう意味です。



午(ご)という語呂合わせから

毎年5月5日を端午の節句と

呼ぶようになりました。



中国では、奇数は陽数で偶数は

陰数と考えられていて、同じ奇数が

重なると陰になると考えられていました。



それで、五節句には邪気払いを

していたのです。



端午の節句が庶民に広まったのは

江戸時代頃で男の子の健やかな

成長を祝うようになったのは

鎌倉時代と言われています。



鎌倉時代以前は、宮中で厄払いのために

行われた行事でした。



そして、なんともっと歴史を遡ると

女性の神事だったのです。



スポンサーリンク

端午の節句の由来

柏餅



端午の節句は



  • 中国からの風習が伝わった
  • 奈良時代の女性の神事


この2つが結びついて端午の節句に

なったと言われています。



紀元前3世紀頃の中国では、

楚の国の政治家屈原(くつげん)の

供養のために、彼が投身自殺をした

川にちまきを投げ入れるという

風習が始まりました。



また、中国の旧暦5月は「毒月」

とも呼ばれていました。



旧暦5月は病気になる人や亡くなる人が

多かったとか。



それで、魔除けや厄除けのために

よもぎで作った人形を飾ったり、

菖蒲湯を飲んだり、菖蒲を門に

差したりしていました。



この中国の風習が奈良時代に日本に

伝わり、女性の行事になったと

言われています。



端午の節句が男の子のお祝いの行事に

なったのは、鎌倉時代に入ってからの

ことです。



5月忌みで使われる菖蒲が尚武

(しょうぶ)と同じ読みであり、

菖蒲の葉が剣の形に似ていることから

武士の間で縁起を担ぐ行事となりました。



この頃から、5月5日は男の子の

健やかな成長を願う行事として

定着していったのです。



スポンサーリンク

端午の節句に関連しているものの意味は?

こいのぼり



さて、端午の節句には、こいのぼりや

かぶとを飾ったり、柏餅やちまきを

食べたりしますよね。



それぞれの意味について見て

いきましょう。



こいのぼり

江戸時代、端午の節句に江戸城で

将軍のお祝いをしていました。



将軍に男の子が生まれると

のぼりを立てていたのです。



この風習は庶民にも広がり、

裕福な人たちがのぼりを

立て始めました。



また、江戸時代の中期に

鯉のぼりの原型が誕生しました。



のぼりには、鯉の滝のぼりの図柄が

描かれました。



これが鯉のぼりの始まりだと

言われています。



「鯉は滝を登って竜になり、天に

 のぼった」



という言い伝えがあります。



鯉はたくましいため、

こいのぼりは子供が健やかに

成長するようにという願いが

込められています。



一番大きい鯉は黒で真鯉でお父さん、

二番目に大きい鯉は緋鯉でお母さん、

小さい鯉は子鯉で子供のことを表します。



柏餅

柏の葉が新芽が出るまで落ちない

ことから、代が途切れないという

縁起物と言われています。



柏の葉で餅を包んで端午の節句に

食べるようになりました。



柏餅の葉っぱは食べる?食べない?葉っぱの意味や理由は?



ちまき

端午の節句にちまきを食べるように

なったのは、中国から伝えられた

ものだと言われています。



前述したように、屈原が入水自殺

したのが5月5日。



国民は屈原の死体が魚に食べられない

ようにちまきを川に投げ入れ、

魚をちまきに引き寄せるようにしました。



これが国の安泰を祈願するものに

とって代わり、日本に伝わって

端午の節句にちまきを食べるように

なりました。



菖蒲湯

端午の節句は地方によっては菖蒲の

節句と呼ぶところもあります。



元々端午の節句は、菖蒲で厄を

払う行事でした。



5月5日は季節の変わり目で、体調を

崩しやすいので、厄除けの意味で

菖蒲湯に入って、無病息災を願ったのです。



中国では、菖蒲湯は漢方治療の

ひとつであり、邪気を払う意味も

ありました。



よって、菖蒲湯や菖蒲酒など

菖蒲を用いる風習がありました。



日本でも端午の節句が中国から

伝わる以前から菖蒲やよもぎなどで

厄除けをする風習がありました。



前述したように、菖蒲が勝負や尚武に

通じることから、端午の節句は

菖蒲が伝わるようになりました。



端午の節句を子供向けにわかりやすく説明

折り紙のこいのぼりや兜



端午の節句をわかりやすく子供向けに

説明するとこうなります。



5月5日はこどもの日だよね。



違う名前で端午の節句とも呼ばれるんだよ。



昔は女の人をお祝いしていたんだけど

お侍さんがいた時代に男の子が

健康に育つようにお祝いする日に

なったんだよ。



子どもたちみんなが怪我や病気を

しないようにと願ってお祝いするんだよ。



鯉のぼりやかぶとを飾ったりするのも

柏餅やちまきを食べるのも、

子供たちがすくすく元気に育つように

っていう願いが込められているんだよ。



こんな感じで子供さんに説明されてくださいね。



おわりに

端午の節句についての意味や由来、

子供向けの説明などを解説しましたが

いかがだったでしょうか?



端午の節句と言えば、男の子の

健やかな成長を願う日という

イメージが強かったですが、最初は

女性の日だったのですよね。



これはあまり知られていないことです。



女の子の桃の節句もお雛様を飾って

華やかですが、鯉のぼりや五月人形も

かっこよくていいですよね。



ぜひ、子供さんに端午の節句について

教えてあげてくださいね。

スポンサーリンク