バーベキューの炭の火力の調整方法 炭の量は?
スポンサーリンク

炭

バーベキュー初心者の場合、考えれば

考えるほどいろいろなことが

心配になってきますよね。



「炭はどのくらい買えばいいんだろう?」



「そもそも炭ってホームセンターの炭でいいの?」



「バーベキューコンロにどんな風に

 炭を配置すればいいんだろう?」



初めてのバーベキューだと

心配でたまらないと思います。



その心配を解消できる記事を書きました。



あなたの参考になればと思います。



スポンサーリンク

バーベキューで使う炭の量

炭



バーベキューで使う炭の量ですが

大人 一人あたり1kg、コンロ一台あたり一時間で

1kgが目安です。



コンロを2台以上使う場合は、時間を

基準に考えるといいです。




  • 家族4人でバーベキューをする場合…3〜4kg
  • 10人以上でコンロ2台以上お使って5時間バーベキューする場合…10kg




こんな感じです。



初心者の場合は、火起こしが大変なので

炭を多めに準備をしておけばいいですよ。



具体的には、上記の基準料の1.5倍

くらい準備するといいです。



スポンサーリンク

日本の木炭の種類

炭を燃やしているところ



日本の木炭にいは、白炭と黒炭とが

あります。




日本の木炭

  • 白炭…着火すれば火持ちはいいが、火着きが悪く初心者には難しい上、値段も高い。
  • 黒炭…ホームセンターなどで売られているもので燃焼時間が短い上、初心者にも扱いやすい。炭の量は前述したとおりの量でいい。




スポンサーリンク

バーベキューの火力調整方法

燃えている炭



バーベキューの火力は、炭の量によって

調整します。



炭は白くなってからが使い頃です。



燃えている炭は、遠赤外線と近赤外線の

2つが放射されています。



この2つの赤外線によって、大きな食材でも

内部まで熱が浸透し、加熱することが

できます。



火力のコントロール

火力のコントロールを見てみましょう。



強火ゾーン

強火ゾーンは炭を重ねます。



中火ゾーン

中火ゾーンは、炭をフラットにします。



この中火ゾーンがメインの

クッキングゾーンです。



弱火ゾーン

弱火ゾーンは、炭をおかない部分です。



料理を間接的に焼くゾーンでアルミ皿や

アルミホイルを敷いて

落ちる油をキャッチします。



後片付けも楽チンですしね。



炭のレイアウト

コンロに炭をおくレイアウトによって

呼び名が変わります。



ツーゾーン・ファイヤー

ツーゾーン・ファイヤー

出典:日本バーベキュー連盟



ツーゾーン・ファイヤーは片方には炭を

おかず弱火ゾーンを設けるスタイルです。



これは一般的なバーベキューに適した

レイアウトです。




調理に適している食材など

焼き肉、焼きそば、野菜など




スリーゾーン・ファイヤー

スリーゾーン・ファイヤー

出典:日本バーベキュー連盟



スリーゾーン・ファイヤーは肉厚の

お肉を焼く場合に適しています。




調理に適している食材など

ステーキ、骨付き鶏もも肉など




スプリット・スリーゾーン・ファイヤー

スプリット・スリーゾーン・ファイヤーは

大きめの食材を調理する際のレイアウト

スタイルです。



両端に炭を配置し、食材は中央の

弱火部分におきます。




調理に適している食材など

ローストビーフ、スペアリブなど




ハンドテスト

肉を焼く場合に、その肉の種類やサイズに

よって炭火をコントロールしなければ

なりません。



炭火の温度は、時間とともに下がって

くるので、炭火の温度を把握することも

重要です。



バーベキューでは、ハンドテストを

行えばいいです。



グリルの網から15センチのところに

手をかざして、耐えられる時間で

温度を確認する方法です。




ハンドテスト

  • 強火ゾーン…3秒 230度〜280度
  • 中火ゾーン…6秒 180度〜230度
  • 弱火ゾーン…10秒 120度〜180度




バーベキュー(BBQ)初心者のやり方 火の着け方や消し方は?



バーベキュー初心者は練習を!火起こしや肉の焼き方を紹介



おわりに

バーベキューの炭の量って

決まっているのです。



初心者の場合、ドンドン炭を入れて

食材を焦がしてしまったなんてことが

あるので注意が必要です。



食材に合わせた炭のレイアウトをして

うまく肉や野菜などの食材が焼けると

いいですね。



ぶっつけ本番だと難しいと思うので

自宅の庭や河原などで練習するといいですよ。



その際、難しい火起こしも練習して

くださいね。



では、バーベキューがうまくいきますように。



バーベキュー初心者は練習を!火起こしや肉の焼き方を紹介

スポンサーリンク