お年玉は何歳から何歳まであげる?相場はどのくらい?
スポンサーリンク

お年玉


子供にとって、お正月で楽しいのは、

お年玉をもらうことですよね。



私は、毎年妹と、いくらもらったか

比べっこをしていました。



そして、大好きなおもちゃを買えるのが

嬉しくて、嬉しくて。。



今は、もうお年玉をもらう立場ではなく

あげる立場になったという方も

多いはずです。



家庭によって、違うと思いますが

お年玉は何歳から何歳まで

もらえるのでしょう?



そして、お年玉の相場はどのくらい

なのでしょう?



スポンサーリンク

お年玉の由来や意味

ぜんざい

現在のお年玉は、現金を ポチ袋にいれて

渡すのが 主流ですよね。



元々は、お年玉は現金ではなく、なんと

お餅だったんです。



お餅は魂の象徴を表すものでした。



年始めに、その餅を食べることによって

年神様から毎年1年分の力を分けて

もらうと考えられていたのです。



正月に鏡餅やお雑煮に餅があるように

お年玉も同じような行事だったのです。



そして、供えていたお餅を年が明けたら

家長が家族に配布していました。



スポンサーリンク

お年玉の風習

お正月

お年玉は、室町時代から始まったと

言われています。



武士は太刀を贈り、町人は扇を贈り、

医者は丸薬を贈ったとされます。



そして、江戸時代になって、庶民の

間に浸透してくるのです。



正月になると、お餅だけでなく

金品を渡すようになり、その贈り物を

お年玉と呼ぶようになりました。



高度経済成長期の昭和30年〜40年頃、

現在みたいにお年玉はお金を渡すことが

主流になったと言われています。



スポンサーリンク

お年玉は何歳から?

お年玉

私が保育園の頃は、親がお金を

預かっていました。



未就学児の家庭は、どこの家も

そうだろうと思います。



お金をもらっても、お金が

何なのかわかりませんからね(笑)



未就学児はお金をもらっても

嬉しくもないので親に渡すのが

正解でしょう。



そして、親がその子のために

貯金してあげるか、それとも

使ってしまうかは、それも

家庭によって違いますよね。



お年玉は何歳まで?

お年玉

私はお年玉をあげるのは、成人まで

だと思っています。



しかし、高校卒業まで、成人するまで、

大学卒業までといろいろな意見が

あります。



ところで、私の祖母は、学生でなくなって

30歳近い私に、お年玉関係なく

お金を渡していました。



本当は、私が祖母にお金を渡さなければ

いけないのに。。



お年玉の金額の相場

お年玉

お年玉の金額の相場は次の通りです。




お年玉の相場

未就学児:500円〜1000円

小学校低学年: 1000円〜3000円

小学校高学年: 3000円〜5000円

中学生: 5000円〜10000円

高校生: 5000円〜10000円

大学生: 10000円〜




子供が小さい頃は、少しの出費でいいですが

大学生ともなると、10000円減るのは

悲しいですよね。



お年玉のポチ袋へのお金の入れ方やマナー



ポチ袋へのお年玉の入れ方に

決まりがあるってご存知ですか?

こちらの動画に詳しく説明されているので

見てくださいね。



お年玉をあげる対象となる人

お年玉

お年玉をあげる対象となる人

  • 自分の子供
  • 甥っ子、姪っ子
  • 親戚の子供
  • 親友の子供




私、一度、友達に、



「うちの子供3人にお年玉あげてね。

 一人3000円ずつ。よろしくねー」



と言われて、ムカついたことがあります。



「私には子供がいないのに、どうして

 お金をあげなくちゃいけないの、

 しかも3人も」



かなり頭にきたので、正月、

その子と会うのをやめました。



こういう図々しいことは

言わないでください。



お年玉って自発的にあげるものです。

親から頼まれてあげるものではありません。



おわりに

お年玉

お年玉は、何歳から何歳まであげるものって

決まっていませんが、赤ちゃんでも

あげる場合が多いみたいですね。



もちろん、親が預かりますが。



意見が多いのは、



  • 高校3年生まで
  • 成人するまで
  • 大学卒業するまで


というのが多いみたいです。



家庭の経済状況などを考えながら

そして、子供の教育なども

考えながらお年玉をあげましょう。

スポンサーリンク