Amazon echo dotでできることは?スピーカーの弱点解決?
スポンサーリンク

Amazon 2183855 640 png


最近、Amazon echoとかGoogle Home の話題を

よく耳にするようになりました。



これらをスマートスピーカーと言います。

スマートスピーカーとは、AIスピーカーとも

呼ばれます。




 

スマートスピーカーは、インターネットに

接続する必要があります。



AI(人工知能)が、AI(人工知能)があなたの

生活シーンをサポートするのです。



スポンサーリンク

Amazon echo dotの特徴

特徴やスピーカーについて

Amazon eho dotは、Amazon echoよりも

値段が安く、サイズも小さく、音質は

あまりよくありません。







スピーカーの弱点は問題解決?

しかし、エコードットのスピーカーには

3.5mmオーディオ出力端子があり、

今持っているあなたのスピーカーに接続して

利用可能なのです。



また、Bluetoothスピーカーに接続することも

できます。

(echo dot向けに認定されたスピーカー推奨)



エコードットのスピーカーを利用せず

他のスピーカーを利用することによって

音質の問題は解決します。



カラーバリエーションは豊富なので、

複数台購入する人は、お部屋ごとに

違う色のエコードットを買うということもできます。



Google Home miniとの比較

さて、アマゾンエコードットと比較されるのが

Google Home miniです。



グーグルホームミニの場合、オーディオ 出力端子なしで

Bluetooth出力なし、 おまけに外部スピーカーが

別売りなので スピーカーの点だけ考えると

Amazon Echo Dotの方に軍配が上がります。







スポンサーリンク

Amazon Echo dotでできること

基本的に、Amazon echoとAmazon echo dotで

できることは変わりません。



  • 既存のスピーカーと繋げることができる
  • 車やモバイルバッテリーの電源を使える
  • Prime MusicやAmazon music Unlimited

    ・dヒッツ・うたパスなどの音楽再生が可能
  • IoTデバイスの音声操作が可能

    *照明器具・テレビ操作・エアコン操作・ルンバ操作
  • Amazonショッピング
  • ニュースを聞く
  • 天気予報を聞く
  • スポーツニュースを聞く
  • 周辺の施設を検索する
  • 映画・テレビ番組・交通情報を聞く
  • 雑談をする
  • スケジュール管理をする
  • Todoリスト・買い物リスト
  • アラーム・リマインダー・タイマー設定
  • Alexaの呼び方を変更できる
  • 銀行残高や入出金の確認ができる
  • 料理のレシピを探すことができる


Amazon echo dotはAlexaの 呼び方を

変更することができます。

バリエーションは少ないですが

以下のように変更できます。



  • Alexa
  • Amazon
  • Echo
  • Computer


Echoも呼びやすいですよね(^-^)







スポンサーリンク

今後導入予定

Echoのグループ機能はこれから導入される予定です。



マルチオーディオ機能といって



アレクサ、家全部のエコーで◯◯という曲をかけて



と言ったら、全部のアレクサが同じ曲を

かけてくれます。



どういう時に必要かというと

ホームパーティーなどです。



複数台のAmazon echo dot で

音楽をかける時に役立ちます。



まとめ

以上、Amazon echo dotで できることを

書いてみましたが いかがでしたか?



エコードットの弱点はスピーカーですが

既存のスピーカーでその問題を解決できるので

スマートスピーカーをお手軽に試したい人は

いいかもしれないですね。



安価なので、家に複数台置くことも 可能です。

また、車やモバイルバッテリーからの

電源に接続することが可能なので

アウトドアでも使えます。



これからスマートスピーカーは

ドンドン流行るでしょうから

お試しで購入するのもいいですよね。

スポンサーリンク